丸裸にされて、恥ずかしかった

雑記

足が痛い痛いと言い続けた結果
病院に行くことしました。
「有痛性外脛骨」の名前は上がっていないものの「足の疾患」に関して専門性の高い整形外科を見つけました。
ちょっと遠いけど、行く価値はあるかなと思い、行ってきました。


レントゲンは左右各4枚の計8枚・・・
いくらになるんだろう・・・とすでに震えました。
そして、診察室へ。
阪神タイガースの監督に就任した金本似の院長が登場
レントゲンをみて、開口一番、
「立派な外脛骨があるね~」
1010.jpg
なんか、載せるのが恥ずかしいくらいの丸裸。
左足は内側に体重が傾いてるのがわかる。
でも、折角だしね、、、( ´? ? `? )
外脛骨とは・・・
説明しよう!
外頸骨とは、足の舟状骨という骨の内側に存在する過剰骨(普通にはない余分な骨)で、15~20%の人に認められる。
多くは骨の出っ張りがみられるだけですが、これに痛みを伴うような病態を有痛性外脛骨と言うのだ。
左右に外脛骨が認められます。
そして、みたまんまの偏平足、左足は影響を受けて外反母趾気味
「外脛骨が大きいので、腱などもしっかりついているから
手術となると、かなり大がかりになってしまうので
頑張ってリハビリをしていきましょう。」
「足、小さいね~
何センチ?」
私、21.5センチです・・・
「21.5㎝か~
ジュニアの靴と婦人靴の間で、一番サイズがないんよね。
できれば、海外メーカーのワイズ(幅)がA~Bの物を。」
日本のメーカーはEからしかほぼ作ってないからお勧めはしないと・・・
「英語得意?
海外のサイトとか、中国なんかも細みの靴を履くから、そういうところから探してみて」
いままでも探したけど、なかなかないんですよね・・・
ということで、リハビリをすることになりました。
リハビリ室では、リハビリの先生が私のリハビリメニューを組んでくれます。
簡単に言うと、全体に筋力をつけて、外脛骨を上に持ち上げるようにする感じにします。

4つのメニューを組んでもらい、これを自宅で朝晩することに
なんてことないメニューだけど、これが大変で・・・
少しずつレベルあげるんだって。
靴の選び方や履き方を看護師さんに説明を受け、終了
ドキドキのお会計は4410円
想像より、安かった~
オットくんの腰のイメージがあったから(,,゚д゚)
でも、ここで問題が・・・
先生に言われたのが
①サイズの合った靴を買う→一般的じゃないから、割高では・・・
②オーダーメードのインソールを作る方向で→保険が効くけど、後から還付される形
オーダーメードのインソールは、両足作成で3万弱、保険がきいて1万5000円ぐらい
つぎは2週間後に、受診。
それまでに、靴探してみてねー・・・って(しくしく)
いま、一番お金がないときなのに・・・
年末にかけて、貯金もまた切り崩さなくてはいけないかもしれないし
インソール代、稼がないと。
とほほ
手術はしない方向で安心したけど
やっぱり、いろいろお金かかるよね・・・
健康が一番の節約です、みなさん!!(´;ω;`)ウゥゥ

いつも読んでくださり、ありがとうございます。
読んだよーの合図に、ぽちっとしてもらえると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 貧乏日記 ブログランキング

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

スポンサーリンク