夫の借金病はやっぱり治らないのかな

借金/生活苦


9月になりました。
暑いながらも、季節の移ろいを感じますね。
今月はまた、連休がありますよね。
誰がつけたかシルバーウィーク
クックロビン音頭を踊りたくなります
(わかる人にはわかる)
連休といえば、旅行に行く人も多いでしょう。
我が家のあの人も言いました。


転職しなくて済んだし、免許取るお金も浮いたし
そうだ、九州に行こう!
はい、出た!パー
ほんと好きだね。
でも、そんなほいほい遊んでる場合ではないではないか。
どうしても出かけたければ、近場でいいじゃないか。
お散歩がいいと思うよ。
何でまた遠く遠くへ行こうとするの?
まして、お金が浮いたから行くって・・・
別に、そのためだけにお金貯めてるんじゃないし。
返済しながら貯金することで、精神的安定を得ているわけですよ、こちとら。
なにか突発的な出費にも対応できるように。
家電だってそろそろ壊れるかもしれないし。
なにより、最低100万はお金を貯めておきたいんです、道のりは遠くとも。
今月は先月よりも食費を浮かせようと決意し、やりくり中ですよ。
でも、オットくんはこうもいう。
「足りなくなったら貯金から借りればいいやん(^-^)」
そりゃ、ちょっと前のきっつい生活続けてるときは、なけなしの貯金を切り崩したりしたけれど。
当たり前のようにやっちゃだめなんだよ。
貯金から借りるのは、借金じゃないかもしれないけど、「借りればいい」っていうその考えが、借金をぶくぶく膨らませたのではないのですか?
かのシェークスピアの言葉にこんな言葉があります。

金は借りてもならず、貸してもならない
貸せば金を失うし、友も失う
借りれば倹約が馬鹿らしくなる

はい、注目!!
上の太字の部分!!
そうなの。
借りて何とかなるって思うと、倹約なんてしなくなります。
その行為が後々自分の首を絞めるのに。
借金すべてが悪とは言いません。
ただ、最初はちょっと欲しいものを買うためにとか、足りない生活費を補うために・・・だったのが
だんだん、借りることへのハードルが下がってくるんですよ。
私だって、生活が苦しかったとき、ほんとに食費も何もなくなって、クレジットカードの枠が増えたら安堵して
食材を買ったりしてました。
それはそのときを乗り越えるためだったのだけど、その思考の中に、「ずっと我慢してたし、今日くらい美味しいもの食べたいな」
っていう考えが浮かんだものです。
ひとつハードルを越えると、あとはもうそのハードルをなぎ倒す勢いです・・・
ああ、限界が来て、私の感覚もおかしくなってたんですよね。
クレジットカードの枠で我慢した自分へのご褒美・・・
いまは、クレジットカードも使えない生活だけど、コレでよかったと思う。
ない不便もあるけど、生活も人生も立て直すためにも必要だった。
そんなこんなで、たとえ貯金でも、借りて何とかするんじゃなくて
したいことをするために、まずはお金を貯めましょう。
そして、やりくりすると決めた範囲内でする!
ってのを、コンコンとオットくんに言い聞かせるのでありました。
ブログ村テーマ
節約貯金deゆとりのマネーライフ

貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
当たり前のことが、なかなかできないものなのです。
自分に甘いからね。
私もオットも。
それでも、やっぱり口座にお金が増えていくと、オットくんも貯金へのモチベーションはかなり上がりました。
これからも、いろいろ必要になってくると思うので、貯金は頑張りたいと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
応援もらえると、とても励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

スポンサーリンク