ホーム > 原因不明の病気 入院の話 > 私の工場は倒産寸前かもしれない

私の工場は倒産寸前かもしれない



病気ブログではないといいつつ、現状生活のほぼ100%病気のことで頭がいっぱいなので、期間限定、お許しを。


まあ、こうして更新できてるくらいだから、自覚症状としては落ち着いてます。


入院前はブログ更新する元気もありませんでした。




血液系の持病と言ってたものは、白血病などの他の病気を除外した結果、「これが近いかな?」ということでついた病名でした。


特に自覚する症状は普段ないんですが、知らないところでくすぶってたんでしょう。


結論、入院前よりもどんどん血液の数値は悪くなっており、ひたすら安静


ただし、昨日の採血の結果、ヘモグロビンの下がり具合が緩やかになったので、今週の輸血は免れた~


過去に一度だけ、数値が悪くなった時に、副作用の強いステロイドを使用しましました。


ステロイドホルモン剤は、あらゆる病気に使われる「万能薬」です。


でも、少量なら問題は出ませんが、長期服用や大量療法の際には、副作用がでます。


特に大量療法で30ミリ以上服用すると、例え数値が安定しても、減薬できるまで、退院はできません。


プレドニンの副作用で特に顕著なのが、誰が名付けたかムーンフェイスと野牛肩。


服用期間が長くなると、誰でもなってしまいます。


文字通り、頬のあたりに脂肪がついて、満月のように顔は膨れ上がる。


肩から背中にかけては野牛のように、こんもりと脂肪がついてしまう。


野牛さんの画像


ほとんどの場合、プレドニン服用で数値は改善する人が多いのですが、私の病気にはあまり効果もなく。


せめて、薬の効果があれば、辛い副作用も耐えられたけど、当時はさすがにちょい引きこもりになりました。


ちなみに薬の飲む量が減っていけば、自然と元に戻るから、あら不思議。


今回、骨髄異形成症候群を疑いがあったけれど、検査の結果否定されました。


よかった。


わたしの体はちょっとおバカになってしまったのかな^^;


イメージでは

一生懸命、数値上、骨髄は血を作ろうとはしています。

ただ、人手不足な工場で、生産性が上がりません。

鉄や葉酸、ビタミンB12という材料はあるにもかかわらず、生産量が少ない。

むしろ余らせるなんて!(もったいない)


工場は、赤血球棟、血小板棟、白血球棟があり、どこの棟も、人手不足かつ、新人が多くて、不良品ができあがる。


ベテラン作業員も毎日やっとの思いで製品を作っていたけれど


ある日突然、やる気がなくなり、次々に辞めていったり、反乱が起きて、仕事しなくなりました。←いまここ


それでも作ってくれないと、量も大事だけど、品質も上げてもらわないと、私自身が倒産してしまいます。


それは困る。


一企業でもこんなことになったら経営が成り立たないのに、それが自分の体内で起きておることと思うと、恐ろしい。


そして、気休めに恐怖のプレドニンをまた飲むことになりました。



効かなければすぐ止められるよう、少量だけ。


外資系企業(プレドニン)からの痛みを伴う改革で、血液生産工場を立て直すことはできるのか?


他にも強い薬もあるけれど、やみくもに薬だけ入れるのも怖いということで。


退院は少し延期なにったけど、今日も大丈夫!

応援いただけると励みになります
  
いつもありがとうございます

こちらもよく読まれています

関連記事

Sponsored Links

よく読まれる記事

月別過去ログ