ホーム > 原因不明の病気 入院の話 > ホームシックと廃人

ホームシックと廃人


ほんとに無気力で、寝たきり廃人になりかけてまして。


急に、猫たちに会いたい

早く帰りたいと思って、オットくんにLINEを送ったら


「猫たちはララちゃんのこと、忘れてるみたい」

と、返信があり、悲しみに打ちひしがれています。

私がいなくなった当初は私を探し回ってたくせにーーー


うう


辛い。


会いたいのにー

モフモフしたいよー



「いつかは帰ってくるんやし、退院したら会えるぞ!」


と、ひとしきり慰められ


「家ではゆっくりできないし
テレビ見たり、喫茶店行ったり
リラックスして過ごしよー」


と、オットくんには珍しく、優しい言葉が返ってきた!


いや、普通か。



ひとりで、ベッドの上にずっといると


いろんな気力がなくなっていく。


生きる上で、ある程度の刺激は必要なんだと思う、今日この頃


しんどいときに、気持ちを持ち上げるのはなかなかできないけど


それでも、気持ちを立たせておくのは大事なことなんだと思いました。


応援いただけると励みになります
  
いつもありがとうございます

こちらもよく読まれています

関連記事

Sponsored Links

よく読まれる記事

月別過去ログ