もう、何も聞きたくない!

原因不明の病気 入院の話

また、退院延期になってしまった。
もう、今月中に退院できたらいいなー、という、ゆるい目標に変更しました。
そして、病室内で何人も退院していく人の背中を見送る「牢名主化」が進んでいく。


出て行ってもすぐ埋まる病室。
私のところは、抗がん剤治療後の人や、移植手術後の人が、個室から移ってくることがある。
何ヶ月も入院し、大変な治療を乗り越えてきた人たち。
大部屋あるあるといいますか
いろんな人がいて
個室からこちらに来た方が、勝手が違うと、ズーーーッと、ブツブツ言ってて
それが、結構なボリュームで
今までないタイプの方で
体調の悪い私には、騒音この上なく
さらに深いため息
いや、わかるんです。
長い入院生活や治療で、体力も落ちてて
昔の元気な自分とのギャップがある中で、退院することになって
環境に馴染めないと言ってらしたので
不安もあるし、ため息もでるだろう
ただ、私自身が体調が悪く、治療も一進一退で、そんな時にこちらに移ってこられて
正直、退院できるならいいやん!と、ダークな私が顔を覗かせてました。
あー、ほんとごめんなさい。
こんな自分がまた嫌なんだけど。
お風呂がどうとかシャワー室がしょぼいとか、看護師さんがすぐ来てくれないとか
そりゃ、無菌室と一般病棟じゃ、看護体制が違うでしょう。
耳栓本気で買おうとしてました。
そんなブラックな私だったからか、数値も芳しくなく、ご飯も食べれなかったので、今日から点滴です。
自分にしっかり返ってきた。
でも、なんやかんやで、社交的じゃないくせに、質問されればしっかり答え、話しかけられたらちゃんと会話の花を咲かせてる自分もなんだかなー。
メール、いただきっぱなしで、お返事も全くできてませんが、ありがとうございます。

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

スポンサーリンク