ホーム > なにげない日常 > ネット社会は進んでも、ほしい情報は得られなかった

ネット社会は進んでも、ほしい情報は得られなかった


先ほど、オットくんより

「12月には退院できないの?」と、メールが来た。

退院のたの字もでないけど。

彼もさすがに疲れてきているようだけど
退院できたとしても、安静とかであまり役にはたたないけど、いいのか。

「そばにいるだけでいいよ」という、ハートウォーミングな話ならいいけど

やっぱ、そうはいかんでしょうねー。

さて、ここ数日、迷える子羊だった私は、検索魔になっていた。

自分自身の状態、症状、状況での打開策はないのか?

似たような病気の人はいないのか?

私みたいな特殊な状態の人はいないのか?


速度制限でなかなかページが開かない中、何度も充電を繰り返し

スマホがおバカになりかけました。


でも、同じ病気でも、同じ状態や同じ悩みを抱える人はみつからなかった。


私でも、病気の深いところまで書いてないくらいだから、もし同じ状態の人がいても、なかなかブログやサイトに書いたりしないものなのかも。


いい結果ならいいけど、いいこと以外はなかなか書けないしね。


現に、先生にも珍しい状態だと言われてるし


そんな中でも、なんとか希望になりそうな話を見つけることができた。

でも、言葉を掘り下げ、何度もページをめくり、数日かけて3つだけ。

でも、全く同じじゃない

それでも励みになった。

そのブログでも書いてたのは

「調べても同じ状況の人がいなくて、誰かの励みや参考になればと思いブログに書き残してます」とあった


本当にありがたいなと思いました。


一筋の光でした。

主治医にもう一度聞いてみよう。


ところで、症状などが気になると、つい検索してしまいますよね。

体験談を参考に病院へ行ったり。

でも、調べても最初に出てくるのって、いわゆるキュレーションサイトとよばれるもの。

あらゆる情報が載ってるけれど

これ、鵜呑みにするのは危険

だって、医療関係の人が書いてるわけでもなかったり

記事のパクリだったりするそうで

最近、巷で話題にもなってます。

➡︎参考記事


どちらかというと、体験談とか経験した人の話が聞きたいときに、たまにこれらのサイトが邪魔だなーと感じることがあります。


不安なことは直接医者に聞く。
それでも納得いかなければ、他の方法がないか探すのはいいことだと思う。

医者だって医学書以外のことは、経験しないとわからないこともありますから。

さあ、そろそろ寝ます。
お休みなさい

応援いただけると励みになります
  
いつもありがとうございます

こちらもよく読まれています

関連記事

Sponsored Links

よく読まれる記事

月別過去ログ