ホーム > なにげない日常 > 患者のわがままかもしれないけど

患者のわがままかもしれないけど


今日までお正月モードの病院です。

やっぱり一度家に帰ると、家がいいと思う。

オットくんも案外私が家で動けたので、毎週帰ってきたら?という

もう、何を食べていいか、思いつかない、簡単レシピも一通り作ったけど、もう嫌だと

前に同室だったおばちゃんが言ってた通り。

いなければいないでなんとかなるんだけど

家に帰ったらゆっくりさせてもらえるわけでもなく、主人も子供も全然動かなくなるからー

それでも、退院したら無理しちゃダメよ!って。

まあ、掃除とか猫たちのお世話をしてくれるなら、ご飯くらいは作ります。


さて、今日は新年一発目の採血&輸血


長くいると、採血の上手い下手とか一巡するんですよ。


定期的に検査してたので、針を刺すことには慣れてる方です


でも、入院してから慣れを通り越して、恐怖心が出るようになりました。


週に2~3回採血するわけです。

その上、週に1~2回は輸血するわけです。

ずぶずぶと針を刺されまくるうちに、失敗で痛い思いをすることも。


採血はともかく、輸血の際に血管になかなか針が入らなくて、1日に5回くらい針を刺し直します。


失敗すると、若手→ベテラン→超ベテランとステップアップ!


なかなか針が刺しにくい、血管が細くて、やりにくいんだろうな、申し訳ないなぁと思う一方で


最初からベテランか先生にやって欲しい。

これでも一回刺しの針だからマシですが、点滴用のルートと呼ばれる長い針を刺して、中で血管探してしてる時が一番怖い!
そして痛い!

たまに、血管から漏れて、腫れて痛くなります。


最近では

「注射器での採血は怖いのでちょっと細い方で」と言ってみたり


「その針の抜き方は怖いです」と、自分の思いを言うようになってしまいました。


うるさい人だと思われてるかもですねー。


長く入院すると、いろいろ思うようになります。


看護師さんによっても技術だけでなくやり方とか接し方とかも違いますしね。


新人さんでも、趣味が献血という人がいて、採血も痛くない方法を考えながらやってるとかで、全然痛くない人もいますしね。


痛みには強い方だと思ってたけど、すごく弱くなりました。

応援いただけると励みになります
  
いつもありがとうございます

こちらもよく読まれています

関連記事

Sponsored Links

よく読まれる記事

月別過去ログ