伝わらない、この気持ち

原因不明の病気 入院の話

昨日の痛みが嘘のように、普通に過ごしてました。
お昼頃、主治医が来てくれたものの、その頃には痛みがないので、結局のところ様子をみようとなりまして。
そして、普通に昼からも過ごしてたのですが、痛みはまた突然に。


夕方になって、また、背中や胸が痛くなってきました。
ただ、昨日の激痛に比べたら、まだ我慢できる程度。
その時に、もう一人の主治医がタイミングよくやってきました。
昨日は死ぬかと思うくらい痛かったこと、背中や胸が痛いけど、どこが厳密に痛いのかわからないことを伝えました。
考えられるのは
胃、十二指腸の炎症
肋間神経痛
そして、もう一つ
造血による骨痛
血液は骨の中で造られるから、造血作用が増している時などに腰痛など骨の痛みが出ることがあるらしい。
ただ、無理から造血させる薬を飲んでるわけではないので、今の私に当てはまるかはわからないけど、とのこと
あー、自分で血を造ろうと頑張ってるなら嬉しいことではあるけれど。
結局何やねん!って話なんですが。
あまりにも続くようなら、消化器内科で検査することになりそう。
でも、肋間神経痛と言われたらそうなのかなあ。
痛む場所や痛みの程度を伝えるだけでは、なかなか判断できないですよね。
そして伝えるのも難しい
痛みのニュンスや感じ方も人それぞれだもんなあ。
今もまだ、痛みの余韻があって、あの刺し込む痛みがまた来るのではないかと、戦々恐々としています。
カロナールで落ち着くくらいだから、やっぱり肋間神経痛なのかなあ。
あー、かき

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

スポンサーリンク