ホーム > なにげない日常 > その言葉は愛情からではないと思う

その言葉は愛情からではないと思う

毎日朝晩、看護師さんが検温やバイタルチェックに回ってくる。


昨日の夜の担当さんは、前日の説明の時に同席していた看護師さんだった。


「昨日の先生の説明で、わからないこととかありましたか?」

とてもわかりやすく、細かく伝えてくれたので、今のところわからないことはないけど、不安だと答えた。

「そうですよねー。
怖いですよねー。
なかなか、濃い内容だなーって、わたしも思ってたんですよ。」

やっぱり?
看護師さんも思いました?


準備する血液製剤の量もかなりの量。

え?こんなに?
用意できるん?って思ってしまった。


「わたしもこんなに用意するんだって、ちょっとびっくりしました」

私が受ける手術で、やっぱりそんなに準備することってあまりないんだろうか


死なれたら困るといったオットくんに

「愛されてますねー」

と、看護師さんは言ったけど

いえ、多分一人残される夫自身の身を案じた言葉だと思います、と答えた。

まあ、そりゃそうだろう。
残される方もたまったもんじゃないですよね。

私の身を案じていないわけではないと思うけど。

まあ、あらかじめこれだけ準備や計画を立ててくれるのだから、大丈夫でしょう(ビクビク)


ご自身の全身麻酔での手術経験談、メールで話してくれてありがとうございます。

やっぱ誰でも全身麻酔怖いですよねー。
終わってしまえば、術後の痛みの方が、ですよね。

そうそう。
私、カテーテルもしたことないから、やだなーと思ってます。
友人は痛くないといってたけど、想像だけで痛そうだ。

しばらく考えるのは本当にやめよ。

応援いただけると励みになります
  
いつもありがとうございます

こちらもよく読まれています

関連記事

Sponsored Links

よく読まれる記事

月別過去ログ