ホーム > 借金/生活苦 > この言葉に、ビビビってときました!

この言葉に、ビビビってときました!

4月

ライン開いたら、桜の花びらが舞ってました。

そうか、桜の季節。
この辺は咲いてるのかしら?

来週、外出させてもらって気分転換しようかな

月初め、スマホの速度制限もないので、暇つぶしにネットの波を漂ってたら、ビビビーーッてきました!

暇なので、いろいろニュースやらのリンクを飛んでたら、グリコ森永事件に遭遇しまして


毒入り きけん たべたら 死ぬで

このフレーズだけでも怖い


そのフレーズは記憶に残ってるけど、そもそも事件の内容をあまり知らなくてですね


Wikiを読んで、あの事件で誘拐された社長が現役ってことで、社長のWikiを読んでまして

そこから辿って、その社長の祖父である創業者の江崎利一氏のWiki

その中に痺れることが書いてました。

再度ググり直して、江崎利一氏の名言より

私の生家は貧しく、その貧しさの中で父は私をさとした。「金を借りている人の前では、正論も正論として通らぬ。正しい意見を通すためにも、まず貧乏であってはならない。浪費を慎み、倹約に努め、商売に精を出して、ひとかどの資産を積んでもらいたい。しかし、金をつくるために金の奴隷になってはいけない。世の人から吝嗇(けち)と卑しめられてまで金をつくろうとしてはならない。そして金ができたら、交際や寄付金は身分相応より少し程度上げて努めていけ。それで金をこしらえていくのでなければ、立派な人間とはいえない」

江崎利一の名言|父から受けた正しく財産をつくるための教え



突き詰めれば江崎利一氏の父の言葉ですね。

そして、その父の教えを守り、江崎グリコを創業

心に染み入るというか


「貧すれば鈍する」人が多い中

貧しい暮らしでありながらも、子どもに貧しいからこそ伝えるべきことを伝える


いまの世の中、このように伝えられる人がいるだろうか


立派な人間になるのはなかなか難しいけど、お金の奴隷にならないよう、借金をまず完済して、貧乏脱出するぞ!って、改めて思いました。


応援いただけると励みになります
  
いつもありがとうございます

こちらもよく読まれています

関連記事

Sponsored Links

よく読まれる記事

月別過去ログ