横にきて、彼は泣いていた

今の医療はほんとに進化しています。

小さく産まれても命を繋ぐことができる

母体が悪くなっても、時期を見計らって母子ともに無事に生きることができる


それでも、何が起こるかわからない

合併症などのリスクを考えたら、なるべくお腹の中で育てたいと思うもの。


私が言ってた手術は帝王切開術のこと

リスクやその時の私の状況は以前書いた通り

こちら→お金の悩みも吹っ飛ぶ衝撃

この時には書かなかったけど

さらに付け加えるなら、胎児側のリスク

全身麻酔の場合は胎児にも麻酔薬が移行する

まだ、外に出て肺呼吸をする前に麻酔で眠った状態では、呼吸ができる状態なのか、わからない


全身麻酔での帝王切開はスピードが勝負。
より早く胎児を取り出さないといけない


取り出した後は、ゆっくり縫合するそうですが・・・


手術が終わって目覚めたのは手術台の上
そのときの記事はこちら→恥ずかしながら還ってきました


痛みが強くて、何も考えられなかったけれど
さらに、意識が戻った時点で、まだ管を抜いてくれてなくて、苦しくて息が出来なくてそっちのほうも辛かったけど

目が覚めて、ICUに入って、産科の主治医(執刀医)がまず


おめでとう

そう言ってくれた


続いてオットくんがやってきた

すでに私の手術の経過説明をきき、赤ちゃんにも最初にあったのはオットくん


そして

ありがとう、と言って泣いていた


応援いただけると励みになります
  
いつもありがとうございます

こちらもよく読まれています

関連記事

Sponsored Links

よく読まれる記事

月別過去ログ