ホーム > なにげない日常 > 私、決めました。

私、決めました。

無理に避けているわけじゃありませんが、お昼ご飯や休憩時間、視線を感じます・・・例の男性の。
もちろん彼は私に気があるわけではありません。

先日辞めた別の派遣会社から来ていた子と連絡を取りたいのです。

そしてとうとう、捕まった・・・

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へにほんブログ村 小遣いブログ 女性のお小遣い稼ぎへ
応援が励みになります(*´ω`*)
+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*―+*゚。*。゚*+―+*゚。*

私が廊下を曲がったら、待ち伏せしていたかのごとく現れました。

「連絡先きいてくれました?」(またかよ・・・)

私は決めました。
のらりくらりかわしても意味がないし、本当に恋心だったら期待を持たせても仕方がない。

彼女が結婚してるとかこどもがいるとかも、知らないのかもしれないけれど、たとえ恋心を抱いたところで、彼女はそのきになることはないし、しかもかなりのおじさんだし・・・

だから、今度聞かれたら、はっきり言おうと思っていました。

「一応連絡がついたんですけど、個人的にメール交換とかすることはできないとのことでした」

言った━━━━━━ヽ(*゚∀゚*)ノ━━━━━━━!!!

すると、しょぼんとして彼は言いました。

「振られちゃったんですね」

え?やっぱり告る気だったんでしょうか。

そして、「わかりました。またお話したいってことは伝えておいてください」と。

やっぱり恋愛感情だったようです。
一応、一件落着です。

悪い人ではないかもしれないけれど、あまりにしつこいし、伝言じゃだめだというし。
ちょっと怖かったです。

若い男性ならまだしも。
これで、私も視線からは解放されるはずー
応援いただけると励みになります
  
いつもありがとうございます

こちらもよく読まれています

関連記事

Sponsored Links

コメント

:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪
いつもご訪問ありがとうございます
これからも遊びに来てもらえると嬉しいです
:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

コメントの投稿

非公開コメント

よく読まれる記事

月別過去ログ