ホーム > なにげない日常 > 義父の機嫌が悪い理由・・・

義父の機嫌が悪い理由・・・

655.jpg

こんばんは。

今日は月1義実家、訪問日でした。

もう、最近「なにしにいくんだっけ?」って感じなんですが。
義実家との関わり方って難しい。
遠方ならともかく、車で1時間ちょいの距離。

これくらいあたりまえでしょうか・・・
うちはこどもがいないので、結構しんどいです。

そんな義父、今日は機嫌が悪かった。

今日は、リビングにはいなくて、自分の部屋で寝てました。

遅れたバレンタインチョコを渡しに行くと、寝てるか起きてるのかわからず気を遣う遣う。
こういうイベントは、とりあえずこなさないといけないしきたり(オット家)

「チョコレートです~」と言って渡すと、ありがとうと普通に受け取ってましたが。

ちょっと義母と姪っ子とトーク後、今日は用事があったのでお暇することに。

そのとき、義母がオットくんに、「今日はあんたのせいで機嫌悪いから」と。

その理由






「義父がオットくん宛てに送ったメールの返信がなかったから」








655_1.jpg



まじかーーーー



世間ではそれを「拗ねる」というのではないでしょうか・・・



一時期、あることがきっかけで会っても何も会話しないという状況だったオットくんと義父。

この2~3年、月1義実家訪問等続けた結果、普通の親子風になってきました。

ここ数カ月は、冗談を言ったりとても平和だった。



そして、関係が修復するということは、義父のオットくんへの関わりが増える。


昔は「過干渉」だなと思うこともあったけれど、いまはまあまあな感じです。


2~3か月前から、定期的に義父からオットくんへメールが送られてきました。



それは、「タイヤ交換を義父が行きつけの店でやったらどうか」というもの。


行きつけのお店で、義父お勧めの某大手メーカーのタイヤを一緒に交換しよう的なメール。


でも、オットくんは、ホイルごと買えたいし、買うときは





655_2.jpg

「タイーヤマルゼンホイルマルゼン♪」で今回は買うからと、伝えても

タイヤのマルゼンを知らないのか、信用してないのか、そんなところより自分の行きつけのところでと、やたらおすすめしてくる。


「自分の信じたものしか信じない by 義父」なところがあるので、説明しても聞く耳もたない。

そのため、「考えとくわー」とか適当に流しても、2~3日もすれば、「どうや?」と聞いてくる。


自分の思い通りになるまでしつこい。


で、今回も義実家いくなら、この話になると思われた。
が、その話をしてこないどころか、居室引きこもり。


さかのぼること、出発前にオットくんは義父からのメールが来ていたことに気づいた。
義父はガラケーなのでショートメールを送ってくる。

1日前に送られたメールが、迷惑メールに埋もれて気づかなかったのだ。

「もう、いまさら返信するのもな、どうせ今日会うし」っと、オットくん。

その、返信がなかったことに、無視されたと思ったのでしょうか・・・



でも、メールの頻度も去ることながら、返信ないのを拗ねるって・・・







655_3.jpg


乙女か!!!



ほんま、オットくんのことかわいいんだろうなーーー

30歳すぎたおっさんですけども。

オットくんファミリーは慣れてるのかもしれないが、これが自分の親だったら、


かなりめんどくさい


まあ、私はそのことよりも、オットくんがホイルごとタイヤ交換を考えているっていう事実にモヤモヤしてますが。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
ランキングに参加しています。


あなたの応援が励みになります!


↓読んだよの合図いただけると嬉しいです↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



ご訪問ありがとうございます。


 貧乏日記 ブログランキング

ぷにっとぽちっと(*´ω`*)

応援いただけると励みになります
  
いつもありがとうございます

こちらもよく読まれています

関連記事

Sponsored Links

コメント

鍵コメントSさん

コメントありがとうございます。

そうですー。
あは。
そうなんですよね・・・
禿同です。

義姉、モヤモヤするでしょ~
そのうちあの記事は消すと思うけど、ほんとモヤモヤして思わず。
SNSで自慢したいのはわかるんですけど、大丈夫?とも思うし。
ほんまモヤモヤですよ~
:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪
いつもご訪問ありがとうございます
これからも遊びに来てもらえると嬉しいです
:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

コメントの投稿

非公開コメント

よく読まれる記事

月別過去ログ