コメントのお礼と今後のこと

雑記

いつもありがとうございます。
ブログの更新を休んでる時にも遊びに来ていただいてありがとうございます。
週末、無理やり仕事に行くこともない休日がきて、朝から何の感情もわかず、何もやる気が起きず、布団から出られない。
そんな私を見かねた・・・わけではないでしょうが、お兄ちゃん猫が私に頭突きをしてきます。
なにもしたくないと、寝たふりをしても今日はしつこく頭突き。
頭突き・・・ではなく、たぶんスリスリしてるんだと思いますが。
ごめんね。


時は無情にも過ぎるので、悲しいとかさみしいとか、そういった感情は時間とともに薄れていくかもしれませんが、一人でいると、ぽろぽろと勝手に涙が流れてくる時もあります。
写真もじっくり見ることができません。
でも、そんな気持ちを吐きだせる場所があり、読んでくれる人があり、寄り添ってくれるそんな場所があってよかったなと思います。
パソコンに向かっても、ペットロスについて調べてしまいます。
ペットロスを克服するというよりは、同じ境遇の人の話を聞きたい、ただそれだけです。
そんな私にオットくんが
「ララちゃんがそんなに落ち込む気持ちはわかるわ。
僕なんて、家にいて、ララちゃんよりも一緒にいたけど、僕と昼間一緒にいても寝てばかりやし。
姉猫はいっつもララちゃんのそばで甘えて、いっぱい一緒にいたのになんで僕の気持ちをミューはわかってくれへんのやろって悔しかったしすごく淋しかったし、。
それだけ、ララちゃんのこと大好きやったんやで。
この時間になるとな、帰ってくるララちゃんのバイクの音がしたら、耳をピクッとさせて
玄関のドアを開けるまで、ずっと玄関を見てたりな。」

っと、ミューの耳の動きを真似しながら教えてくれました。
そうだった。
確かにミューはいつも私に甘えて、膝にずっと乗ってたり、頬ずりをしてきたり。
私が呼べば走ってきて。
あのこの頭をなでながら「かわいいな~美人さんやな~」と毎日言い続けてきた。
オットくんは闘病中、とてもポジティブに見えたけど、それは不安の裏返しだったようで。
この期間、やめていたタバコに手を出したことを姉猫の眠るような顔を見ながら教えてくれました。
正直、今は気持ちに波があり不安定さはありますが、うちには弟猫たちがいる
元気だからと過信せず、できる限りのことをしたいし。
物言わぬ彼らに、どれだけのことができるか。
そのためにはいろいろ頑張らないと。
自分たちの生活をしっかりさせないといけないし。
ほんと、仕事行くのも嫌で嫌で。
そうは言ってられないのだけど。
家に居ながら仕事ができれば・・・って思いました。
たまたま、オットくんが家にいてくれたけど、普通はそうはいきません。
そんな簡単に状況は変わらないけれど、変えたいです。
直前に腰痛で起き上がれなかったのですが、いまは痛みもなくすごせています。
お見舞いの言葉やアドバイス、ありがとうございました。
また、同じように別れの経験を伝えていただいたみなさま、ありがとうございました。
やさしい声掛けもありがとうございました。
すずかけさん、姫に気持ちは伝わってると信じたいです。
ありがとうございました。
ナツジさん、ららららら♪元気出すよ
せめて夢の中で会いたい・・・と思うのに、今日は兄猫が夢の中で仕事場までついてきて、バイクで連れ帰るのに苦労する・・・という夢だった。
重いんだよ・・・
姉猫は出てきてくれないね。
でも、スローペースになるかもですが、ここではいつものララ(とオットくんとゆかいな仲間たち)でいきたいと思います。
読んでくださってありがとうございました。
初めての方もありがとうございます。
↓こちらは看板猫の保護猫レオ君
ブログランキング・にほんブログ村へ 貧乏日記 ブログランキング

スポンサーリンク

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ