借金も貧乏も自己責任で片付けられない、この感情

雑記

二つ前の記事でも書きましたが、貧困は自己責任ではありません。
社会的な状況やハンデなど、様々な原因があります。
しかし、私の貧乏生活、借金生活は自己責任だと思っています。
貧乏も借金も、もともとはオットくんが原因だったとしても、そのオットにひっかかったのは私(涙)
でも、たとえ自己責任とはいえ、言いたいことはある。
理不尽なことには文句を言います。


ひとつ前のオットくんの「はした金」発言から一夜明け、なおも私の心は穏やかではありませんでした。
再度、「荷物も大きいし、行ってくれないのか?」と聞くと
「(私が)会社行く前によればいいやん」
とか
「会社見学の帰りにいってもいいけど。
何時になるかわからんから、発送が遅くなってもいいんやったらな」
と、相変わらず上からな物言い。
朝になっても相変わらずな態度に、「顔も見たくないわ」と捨て台詞を吐き捨て、結局荷物持って出勤しました。
され、「オークションなんてはした金しか稼げないし、もうしなくていいわ」
そう、のたまったオット。
出勤して、PCつけて、ふと携帯をみると、オットくんからラインのメッセージが届いてました。
「オークションで質問が来てたから、返事しといたよ」
オークションみるんかい!!
そして、夕方には
889.png
やっと、ごめんと謝った。
しかし、あそこまで、頑なに拒否する意味もわからない。
「はじめてのおつかい」でもあるまいし。
でも、自分が言ってることがおかしいことに途中から気づいてたのではないかと思う。
引くに引けなくなって、突き進んだ結果が「はした金」発言。
「どの口がいうねん」と、顎つかんでガクガク言わしたい衝動に駆られつつ、身支度を整える。
そのお金が生活費になったり、返済の足しになったり、この先繰り上げ返済に活用できる、それだけの価値があるものを。
私だって、嫌々やってるけど、それでも続けてるのは、オットくんのためではない。
自分のためでもあり、家計のため。
こういう時はこっちも本気でやりあったら、損するんですよね。
疲労感と理不尽な思いしかないから。
でも、やっぱり面と向かって言われたら、ムカつく。
夫をコントロールする方法として、よく、「優しくお願いしたらいい」とか、「褒めて伸ばす」とかありますが
こういうスイッチ入っているときは効果なしと思われ。。。
時と場合ですよね。
なにより、オットくんには自分の言葉に責任を持ってほしい。
オークションはしなくていいといったから、昼休みとか出品取り消し作業をしてたのに・・・
「オークションはやっぱりしなあかんよな。だから終了してたやつ、再出品しておいたから!(`・∀・´)」
・・・
なに、その「僕、頑張ったよ」みたいな感じ。
毎回のことながら、私はオットくんを許したわけではありません。
こういうのは私の閻魔帳に、事細かく記されていきます。
私が帰ってこないことを心配してましたが、猫がいるので、家には帰ります。
やらなくていいといったのだから、「オークション、私はしない」宣言はしました。
実際は、やっぱり稼ぎたいので、期間限定での休止ですけどね。
つか、自分でやれい!
もうすぐ、オットくんが働きだせば、自分の時間が増える。
オットがいない時に、やりたいことなどもあります。
しかし、そのためには私の自由なお金が必要。
オットくんには「二人の貯金があるから、へそくりなんてもうしないでいいよ」っていわれましたけど・・・
今度こそ、絶対ばれないようにへそくりをしたいと思います。
オットが働いてるときに、自分の好きなことを楽しむ。
ある意味これは、私のリベンジです。
ランキングに参加中です
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ