ホーム > なにげない日常 > 借金も貧乏も自己責任で片付けられない、この感情

借金も貧乏も自己責任で片付けられない、この感情

二つ前の記事でも書きましたが、貧困は自己責任ではありません。
社会的な状況やハンデなど、様々な原因があります。

しかし、私の貧乏生活、借金生活は自己責任だと思っています。
貧乏も借金も、もともとはオットくんが原因だったとしても、そのオットにひっかかったのは私(涙)

でも、たとえ自己責任とはいえ、言いたいことはある。
理不尽なことには文句を言います。



ひとつ前のオットくんの「はした金」発言から一夜明け、なおも私の心は穏やかではありませんでした。

再度、「荷物も大きいし、行ってくれないのか?」と聞くと

「(私が)会社行く前によればいいやん」

とか

「会社見学の帰りにいってもいいけど。
何時になるかわからんから、発送が遅くなってもいいんやったらな」

と、相変わらず上からな物言い。

朝になっても相変わらずな態度に、「顔も見たくないわ」と捨て台詞を吐き捨て、結局荷物持って出勤しました。


され、「オークションなんてはした金しか稼げないし、もうしなくていいわ」
そう、のたまったオット。

出勤して、PCつけて、ふと携帯をみると、オットくんからラインのメッセージが届いてました。


「オークションで質問が来てたから、返事しといたよ」


オークションみるんかい!!


そして、夕方には

889.png


やっと、ごめんと謝った。

しかし、あそこまで、頑なに拒否する意味もわからない。
「はじめてのおつかい」でもあるまいし。

でも、自分が言ってることがおかしいことに途中から気づいてたのではないかと思う。

引くに引けなくなって、突き進んだ結果が「はした金」発言。

「どの口がいうねん」と、顎つかんでガクガク言わしたい衝動に駆られつつ、身支度を整える。

そのお金が生活費になったり、返済の足しになったり、この先繰り上げ返済に活用できる、それだけの価値があるものを。


私だって、嫌々やってるけど、それでも続けてるのは、オットくんのためではない。
自分のためでもあり、家計のため。

こういう時はこっちも本気でやりあったら、損するんですよね。
疲労感と理不尽な思いしかないから。
でも、やっぱり面と向かって言われたら、ムカつく。


夫をコントロールする方法として、よく、「優しくお願いしたらいい」とか、「褒めて伸ばす」とかありますが
こういうスイッチ入っているときは効果なしと思われ。。。

時と場合ですよね。


なにより、オットくんには自分の言葉に責任を持ってほしい。

オークションはしなくていいといったから、昼休みとか出品取り消し作業をしてたのに・・・


「オークションはやっぱりしなあかんよな。だから終了してたやつ、再出品しておいたから!(`・∀・´)」

・・・

なに、その「僕、頑張ったよ」みたいな感じ。

毎回のことながら、私はオットくんを許したわけではありません。

こういうのは私の閻魔帳に、事細かく記されていきます。


私が帰ってこないことを心配してましたが、猫がいるので、家には帰ります。

やらなくていいといったのだから、「オークション、私はしない」宣言はしました。

実際は、やっぱり稼ぎたいので、期間限定での休止ですけどね。
つか、自分でやれい!


もうすぐ、オットくんが働きだせば、自分の時間が増える。
オットがいない時に、やりたいことなどもあります。
しかし、そのためには私の自由なお金が必要。

オットくんには「二人の貯金があるから、へそくりなんてもうしないでいいよ」っていわれましたけど・・・

今度こそ、絶対ばれないようにへそくりをしたいと思います。

オットが働いてるときに、自分の好きなことを楽しむ。
ある意味これは、私のリベンジです。

ランキングに参加中です
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援いただけると励みになります
  
いつもありがとうございます

こちらもよく読まれています

関連記事

Sponsored Links

コメント

No title

おはようございます!「顔も見たくないわ」にワロリンヌ(^v^)おかんが「夫なんて赤の他人やけん、自分だけの通帳を確保するのが一番大事」聞き流してたこのセリフの重さを今感じておりますw

二人の貯金をララさんの貯金にしましょう~♪

前記事のコメントで、「借金は死にもの狂いで働かないと終わらない」と言いましたが、私は実際にそうした人を見てきました。
12、3年ほど前、私が派遣で働き始めた時に、同期が何人かいました。
その内の一人が、借金を抱えていました。
その額は…

なんと!1億円!!

宝くじの当選金ではありません。借金ですよ。借金1億円!

理由は、その方の父親が事業失敗で作った借金だそうです。

しかし、桁が違いすぎます。自分の借金MAX440万円が少額に思えました。勿論、それは錯覚ですが…

その方は、まさに死にもの狂いで働いていました。
私と同じ夜勤でフルタイム!更に昼間も営業マンとしてフルタイム勤務していたそうです。
睡眠時間は、毎日1、2時間だと言っていました。
更に、派遣会社に「2倍働くから給料も2倍くれ」と嘆願していそうです。無論、却下されましたが…

とにかく、凄まじい仕事ぶりに圧倒されました。
借金額が、その方より少ないとはいえ、自分も目が覚めました。

そのぐらいの気迫がないと完済出来ないと!

その後、その方は別の仕事を見つけたので派遣会社は退職したのですが、あの勤務形体の最中よく求職活動していたなと驚きです。
その方とは、それっきりなので借金1億円が、今どうなったかは定かではありますん。
まぁ~額が額だけに、現在も返済は続いていると思いますが…それ以上に体がどうなるか?
普通なら病気の1つや2つなっていても不思議ではありません。

借金返済は、本当に自己犠牲です。まさに命懸けです。

ダンナさんも、それに気づいて欲しいですね?

無理かな…

鍵コメさん

新たな提案があるかなー

tomoちん

tomoちんママは、人生の酸いも甘いも噛み分けた説得力があるよねー。
ほんと、口座は別にしとかないと、あてにするからね!
ふふん♪

運送会社勤務中さん

借金の理由によるところも大きいですよね。
私とオットくんでも、きっかけが違うから。
私は生活苦、でも、オットくんは、元は浪費から。
根本的に、お金の考え方が違う気がしますねー。
育った環境もあるのかもなー。

しかし桁外れの借金返済は、精神的な強さも必要になるでしょうねー。

鍵コメントさま

みんなで吹き矢飛ばして、ぶっ飛ばしましょ。

おおお
鍵コメさんの前カレさんがこんな感じだったんですか(爆)

> 現状と矛盾した事を逆切れして言うとことか
> でね、まげない そういう時はぜったいまげない
> 話すりかえてこっちを攻撃してきたりする
> あー、思い出したら腹立ってきたw

あ、いっしょだ
それです、それ

あああああ
鍵コメさんの前から、やっぱりオットくんじゃないですか?

ああ、こんなにわかってくれる人がいるなんて!
見てたんですか?っていう感じです。

鍵コメントさん

どっちらの旦那さんのほうがましなんでしょう・・・
どっちも嫌ですよね・・・(;´Д`A ```

そうそう
勝手に再開も嫌だし、勝手なことするな!って思います。
それなら自分でしなよ・・・まさに、それ!!

ひとり時間・・・
もうすぐひとり時間・・
ひとり時間がきたら・・・ぶつぶつ
ふふ
:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪
いつもご訪問ありがとうございます
これからも遊びに来てもらえると嬉しいです
:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

コメントの投稿

非公開コメント

よく読まれる記事

月別過去ログ