後悔してること

雑記

後悔のない人生などないでしょうが
ふと思い出したことがあります。
妹の離婚のときのことです。


最初に妹の元旦那の不貞告白を聞いたとき、憤りしかなかった。
本当にありえないことだった。
その後、今度はよりを戻したいとか言い出して、不毛な話し合い。
このとき、心配だったけど、2人の問題だし、あまり私が首を突っ込んじゃダメかなと躊躇った。
でも、態度にはださなかったけれど、相手の裏切りで傷ついた妹を、ひとりで対峙させることは、あまりに酷だったのかもしれない。
私が顔を出すのは遠慮してしまったけど、もっと妹を支えるべく一緒に話し合いにも同席すべきだったんじゃないか。
人は強がってもひとりでは対峙するのはかなりエネルギーがいると思う。
未だに未練がましく連絡を取ろうとしたり、慰謝料もしぶり、あげく、妹に暴言を吐いたあいつを許せない。
自分が悪いことしたなんて思ってない。
余計な御世話かもしれないけど、もっと私も感情的になっても良かったのかもしれない。
いつも、客観的に物事を見ようとするかわりに、あまりに冷静になろうとし過ぎたと、後悔が残る。
そんな後悔を、とあるネット上のやり取りで思い出してしまった。
ずっと当事者ではないし、わからないのに口出しはできないと思ってた。
ほんとは声をかけてあげるべきだった。
お節介と思われても。
あのトゲは無意識にSOS出してたんじゃないかと思ったら、悲しくなってきた。
全然学べてないわ、私。
夕方、病院に寄ったりしてたので、リコメの時間が取れませんでした(T_T)
ゆっくりお返事させてくださいねー
☆ランキングに参加中。ぽちっとお願いします。
よろしければ、ぽちっ愛猫レオの頭をポチポチッとお願いします。
おねがいにゃーーーー

ブログランキング・にほんブログ村へ 貧乏日記 ブログランキング

★twitter(@rara_sunshine)でもブツブツつぶやいてます。
たまにニャンコの写真アプ中。

スポンサーリンク

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ