幸福を感じない人は、無自覚で満腹中枢を満たそうとする

雑記


私は食べるのは好きだけど、食が細かった。
20代前半の体重は34キロ。
背が低いことを考慮しても、ガリガリ子でした。
こどものころは、掃除の時間が始まっても、半べそかきながら給食を食べているような子でした。
食が細いだけで、おなかが空けば食べるし、保育士時代は、先輩が山盛りに盛り付けたおかずも完食していた。
それだけ保育士はハードだったということだろうけど。
その食の細さを心配する人がいた。


私とは正反対だったのが、オットくん。
出会った当時見た目は痩せて、細マッチョ。
あんまり食べない人だと思ってた。
付き合ってみたら、その食べる量に度肝を抜いた。
彼はフードファイター並みに食べた・・・
一番嫌だったのが、空腹が長引くと、すこぶる機嫌が悪い。
こどもかっ!!
逆にあまり食べない私を彼は心配した。
私には普通だったけど、回転寿司に行って2皿で満腹という私にオットくんは驚いていた。
そんな人と一緒に過ごすうちに、私もいつの間にかなんでもぺろりと完食するようになった。
食べるようになった私をオットくんは喜んだが、二十歳当時の体重から10キロも体重が増え現在に至る・・・
(加齢もあるでしょうけどねっ)
カードを使えていた時代は、お金がないくせに食べ物にはうるさかったオットくん
私も食べてるときは幸せだと思った。
そのうち、食べられることがしあわせに変わるわけですが・・・
さて、借金生活、貧乏生活でストレスに常にさらされた私。
寝る間を惜しんで内職したり、昼は本業。
万年睡眠不足で疲れやすいなぁと思っていたころ
胃痛が続くようになり、3月より病院通い。
何気に血液検査をしたら、肝機能に絡む数値がすべて跳ね上がっていた。
コレステロールは逆に低すぎ。
どちらにしても、肝機能障害は自覚症状が少ない分、進行するとよくない。
でも、肝機能で引っ掛かったのは実は初めてではない。
前回引っ掛かったときも、睡眠不足が続いてストレスMAXだったころ。
成人病予備軍かとショックを受けつつも内心は、「ストレスと睡眠不足と運動不足が原因」とも思ってた。
そして何より、ストレスで過食気味になっていた。
マツコがこないだテレビで言ってたの
「幸福を感じない人は、食欲で幸福を感じようとする」
無自覚で満腹中枢を満たそうとするらしい。
なるほどなと思った。
自分を振り返って、食費のやりくりで炭水化物で満たそうとしていたことを反省。
オットくんの食を満たすのに手っ取り早かったのだけど、私の体には合わないこと。
検査結果の精神的ショックもあって、食欲も落ちていたことも功を奏し、摂取カロリーも自然に落ちた。
いろいろ気づくことがあり、満腹にならないよう、炭水化物の量を減らして、野菜を摂るようにしました。
あと、睡眠。
けして早く寝るわけじゃないけど、「0時には布団に入る」を目標に。
あとは、毎朝ラジオ体操。
運動不足だし、体を動かさないとと思って(;´∀`)
わずか1カ月で数値は目に見えて変わった。
大したことはしてないけれど、睡眠不足って怖いなって思った。
食べることは生きる気力にもつながるから、まずは何かを食べないといけないけれど
「おなか一杯食べる」のは体にはすごく負担であることが身をもってわかった。
疲れやすいからと運動しないのはよくなくて、ストレス軽減のためにも軽めの運動は大事。
そして、睡眠。
眠った時間じゃなくて、眠りの質が大事だと実感。
大きく寝る時間は変わってないけれど、疲れやすさはなくなった。
寝る間を惜しんで働いている人も多いと思う。
でも、自分の体を過信しないで、しんどい時は寝よう!
結局、ストレスのかかり具合なんだと思うけど。
そんなことが言えるのも、あの過酷な生活から一歩引くことができたからなんですけどね。
昔よりちょっとポチャった私を見て喜ぶおっさんが一人。
これは・・・ストレス太りじゃ!!
うちの猫のバナーを押して応援もらえると、とても励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スポンサーリンク