ニュース・コラム

親だって一人の人間、「完璧」でもなければ「絶対」でもない

投稿日:

先日、お昼のワイドショーを観ていたら、「箸の持ち方で炎上」という話をやってました。

Twitterで、そんな話があったらしいのです。

箸の持ち方について、学校の先生に「そんな箸の持ち方おかしいから、お嫁にいけないよ」と言われたお母さんが

「そんなことで人を判断するなんて!」とつぶやいたことが炎上したんですね。

で、私も昔、正しく箸を持てなかった人だったので、いろいろ思うことがありました。

大人になってから直すのが大変で・・・

自分だったらどうするのかな~と、いろいろ考えてたら、子どものころのトラウマも一緒に思い出しました。

 

いつもどこかへ出掛けて家にいなかった母

いまでこそ、私は母と仲良くしていますが、思春期は消したい存在でした。

根っこの部分では大好きなんですけどね。

 

妹が生まれて、しばらくして、母はあることにハマってしまいます。

私や妹を連れて、外出することも多くなります。

夜になっても帰ってこなくて、何度も父に怒られてる姿を見ました。

時には酔った父が母をたたいてしまうといったこともありました。

子ども心に、強烈な日々でした。

幼稚園の親子遠足に、近所のおばさんが母の代わりに来る。

常にどこか出かけてる。時には私も連れていかれる。

母は父に反対されても、家庭崩壊の危機に陥っても、信念は曲げない。

すごいです。

でも、私には理解できませんでした。

 

私の母は自然派ママ?

まだ1歳に満たない妹が、突然けいれんを起こし、それを近所の人に相談したのがきっかけでした。

とあることを勧められた母。

そして、奇跡的なのかたまたまなのか、妹はその後、けいれんなども起こすことなく元気に。

不安だった母の心の隙間に、ぴたっと入り込んでしまった。

母は、その集まりに救われたと思っています。

 

特に、薬はだめ、自然のままでという方針。

注射もダメ。

今でいう「自然派ママ」でしょうか。

そして「お祈り」

 

思春期になるころには、私も拒否することもあったけれど

信念を持った母は強い。

我が家では、母に逆らえない雰囲気がありました。

 

小さいころの記憶ながらも、子ども心にさみしく思うことが多くて。

父も途中からあきらめて、付き合うようになりました。

(逆に切るんじゃなくて、付き合ってあげるところはすごい)

 

私もそうだけど、母が納得いくようにつきあっておけば、万事丸く収まるからかな。

母は基本的に怒ったりすることもないし、やさしい人です。

何もなければ子どもの寄り添ってくれる人だったと思うんです。

でも、その「集まり」絡みになると、人が変わるので怖かった。

 

いまは、もう落ち着いてますけどね(遠い目)

 

家庭それぞれに方針はあるけれど

家庭によって、いろんな考え方もあるし、右へ倣えと流される必要もないとは思います。

考え方も自由。

たとえば、信仰も自由です。

 

だから、母の気持ちは子どものころから見て、尊重しています。

ただ、それを押し付けられたことは、非常に苦痛でした。

子どものころは、NOとは言えなくて、泣きながら葛藤してた日々を思い出します。

自分の子には、こういう思いはさせたくないなって思ってます。

 

縁あって、私は子どもを授かり、ひーひー言いながら育ててます。

いつも思うのは、最低限、嫌だったことや困ったことは、娘にはフォローしていきたいなと。

 

そして、時間が過ぎて、孫もできて、母も思うことがあったのか。

孫には、いろんなことをさせてあげたいらしいです・・・

「あなたも、いまからでもなにか習い事したら?ちょっとは出してあげるよ」と。

わたしも、習い事したいなぁとおもっていたので、ちょっと嬉しかったです。

 

親だって一人の人間だから、いろんな考え方もあるけれど

子どもには子どもの人生があります。

必ずしも、親と同じ考えになるわけではありません。

 

まあ、こういう経験があるからこそ、私は基本的に人の気持ちを尊重するスタンスです。

強要されたくないし、強要もしない。

(それも良し悪しありますが)

 

ちなみに箸の持ち方の話ですが・・・

冒頭の「箸の持ち方」

学校の先生の言い方はいただけないけど、それと「箸の持ち方を教えること」は別な話で。

基本的な持ち方は教えてあげればいいと思うけど、それを「正しい」と言い切ることもないかな~と。

中には、指の長さや手の炎症等で正しい(とされる)持ち方ができない人もいます。

教えてもできない場合もあるかもしれません。

 

「育ちが悪い」と否定する人もいるけど、それはちょっと狭いかなぁと思う。

 

ただ、私は、ちゃんと教えてほしかったーー

というのも、子どもと関わる仕事上、箸の持ち方は見られるので必要だったんです。

面接でもチェックするところもありますし。

 

大人になってから直すのは大変。

損をすることも、ないですしね。

 

最初から教えず、子どもが必要になった時に子どもに判断させる・・・はきつい

教えるのは難しくても、いまは矯正箸もありますしね。

すぐにできなくても、小さいころからゆっくり身に付いたらいいなと思います。

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

まだ借金で消耗してるの?

任意整理のすすめ

ついついカード払いをしてしまう

借金の返済のために借金をしてしまう

リボ払いでいっぱいになった

ギャンブル・生活費等、借金の悩みは人それぞれです。
頑張ってもなかなか減らないのは、利息分しか減ってない場合もありますよ。
ひとりで悩むよりもプロに相談して、1日でも早く身軽になってやり直しましょう。

コツコツ返済するよりも債務整理したほうがいい場合もあります。
将来利息がカットされ、月々の返済額も大幅に減る可能性があります。
まずは、借金減額シミュレーターで要チェック!!

かんたん1分でチェック!

借金減額シミュレーターでチェックしてみる

公式サイトはこちら

こちらも読まれています

-ニュース・コラム

Copyright© 脱赤字!完済までの記録帳-任意整理しました- , 2019 All Rights Reserved.