産後鬱になる

退院してからのこと

端的に書こうって思いつつ、半年分の思いがあるせいか、意外に長くなってます。
さらに、時間が取れないというか、スマホすら触ることが出来ないので、サクサク更新できません。
月末なので、いろいろ支払いとか家計簿とかいろいろやらなくちゃって思いますが、できません!
前回の続きです。
翌日、ICUから病棟に戻り、翌日からはとにかく歩け歩け。
癒着を防ぐ意味があるらしいけど、とにかく痛い
そして、その日のお昼に初めて赤ちゃんに会いにいった。
早く産まれて2000g以下だったので、我が子はNICUにいた
保育器に入って、口にはチューブ、心電図計や酸素濃度計などついていた


初めて触れた赤ちゃんは、とても小さくて細くてやわらかくて
お腹にいたことがまだ信じられない
全身麻酔の帝王切開だったせいか、自分の子だという実感もまだなかった
顔は3Dエコーで見た顔と一緒
体の動かし方は胎動と一緒
確かにお腹にいた子らしいと気づいたこの瞬間は嬉しかった
でも、その日の夜からかなり不安定になった。
痛みも辛かったけど、早く産んでしまって、申し訳なくて
授乳室で母乳を絞るのだけど
他の産婦さんは直母、母子同室
赤ちゃんを抱っこして話しかけて、ママ同士で会話があって
その傍で、私は機械で搾乳
毎日3時間おきに、夜中ももちろん起きて搾乳
スッタッフもどうしても、赤ちゃんがいるお母さんにかかりっきりなるので
母乳のことについても、あまり説明してもらえてなくて、余計に孤独感が深まる
ベッドに戻ったら、寂しくなったり自分を責めた
毎日NICUに会いに行くのが唯一の楽しみ
保育器を出てコットに移り
抱っこができるようになって
ミルクを直接あげられるようになって
沐浴もさせてもらえるようになって
NICUからGCUにうつって
そして、やっと直母ができたときは、すごく嬉しかった
でも、今度は私よりもどんどん元気に大きくなっていく赤ちゃんに焦る
産んだら普通の妊婦さんと同じように8日で退院かと思ってたのに、なかなか退院できなくて
産科的には問題なくても、血液がなかなかゴーが出ない
初期から入院していたので、何も用意ができてない
退院して、自分の目で見て・・・なんて思ってたのに、夢のまた夢
このままのペースだと、私より赤ちゃんが先にたいいんになりかねない
とにかく早く退院して、迎える準備をしたかった。
出産ラッシュの時期だったので、たくさんのママになった人たちを見送って、1ヶ月
ようやく私が退院
ずっと心待ちにしていた念願の退院だったはずなのに
退院当日から病院に戻りたくなった
体も不安だったけどこどもにすぐに会えないことも悲しくて
さらに、こんな体で子育てできるんだろうか
当たり前だけど、一人で全部なんて無理
でも、実家は、父の体調もよくないし、頼れない
仕事帰りに母が寄ってくれることはあっても、日中は一人
オットくんは仕事が不規則
そもそも彼の脳みその中が読めない
一人で全部やらなくちゃいけない
出来る自信がもてなかった
どうしよう・・・
長い入院で、無事に出産できることを目標にがんばってきたけれど
その先の心の準備をする時間が無かったせいか
私はパニックに陥っていた
自分でもちょっとおかしいかもって気づいてます
私は甘えることが出来ないし、甘え方がわからない
もともと甘え方がよくわからないし
すべて自分がしなくちゃ
私がこの子を守らなくちゃ
野生の本能かのごとく、そんな気持ちが強くなってた
そんな中で、退院すぐに産後の検診
退院のときににエジンバラ産後うつ質問表を渡されていたので、提出
(産後の検診の項目のひとつ)
結果、13点
9点以上で、産後鬱の可能性が高いと判断される
チェックリストだけで、産後鬱と診断するわけではないけれど
不安だったら精神科に紹介状を書きましょうか?と、産科の先生に言われた
精神科にいっても同じだろうと思って、断った
自分が不安に思っていることを、ひとつひとつクリアしていくしかないってことだけは、わかってたから

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スポンサーリンク