体験談

詐欺被害にあい家族崩壊の危機。騙された人が責められる

身内が詐欺の被害にあいまして。

気を付けていれば、知識があれば、きっと防げた被害。

そして、気づけなかった周囲の人間も苦しい。

当事者ももちろん苦しい。

家族崩壊の危機です。

詐欺の被害者が責められる

間違いなく被害者なんだけど、周囲の人間は「なぜだまされるんだ」と言ってしまう。

鵜呑みにしすぎ、信用しすぎと、性格も責められる。

なにより、責めてる側も間接的に被害者なので、何も言えずに黙るしかない。

 

そんな状況になりがちです。

実際になってます。

 

被害状況の確認や証拠集めのために、たびたび実家に行ってるのですが

父が、日に日に怒りをあらわにするようになりました。

怒る気持ちもわかります。

家族のお金が使われてるのでね。

 

若かったら、手を挙げかねない。

孫がいる前では、そういう態度は取らないようにしてくれますが・・・

 

詐欺被害者は、周囲の目や家族の言葉にさらに追いつめられると言います。

一緒に住んでる家族には、いろいろきついことも言われてるので

なるべく母に会いに行くようにしてます。

「騙されるほうが悪い」なんていう言葉も、たまに聞きますが

騙すほうが悪いに決まってるし、私はほんとうに憎んでます。

被害者を責めてはいけない

時間が経つにつれ、自分が騙された状況が理解できるに従い

頭を抱えてる母の姿をよくみます。

隙があったとか、騙されるほうが悪いとか、

騙したほうより、被害にあった人に対して非難の言葉が向けられるけど

特に家族に言われると、何も言えなくなって

孤立感を深めてしまいます。

せめて、家族以外のところでフォローを受けてほしいなと。

 

身近に利用できるのが、国民生活センターや地域の消費生活センターです。

国民生活センターホームページ

「こんなことを言っても受け付けてくれない」って思うかもしれませんが、そんなことはありません。

むしろ情報提供することで、さらなる被害拡大を防ぐこともできます。

なにより、「同じような相談がよくあること」がわかると、自分だけではないという安心感が生まれます。

 

身内が被害にあったとき、一人くらいは受け止めてあげる必要があると思います。

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

まだ借金で消耗してるの?

任意整理のすすめ

ついついカード払いをしてしまう

借金の返済のために借金をしてしまう

リボ払いでいっぱいになった

ギャンブル・生活費等、借金の悩みは人それぞれです。
頑張ってもなかなか減らないのは、利息分しか減ってない場合もありますよ。
ひとりで悩むよりもプロに相談して、1日でも早く身軽になってやり直しましょう。

コツコツ返済するよりも債務整理したほうがいい場合もあります。
将来利息がカットされ、月々の返済額も大幅に減る可能性があります。
まずは、借金減額シミュレーターで要チェック!!

かんたん1分でチェック!

借金減額シミュレーターでチェックしてみる

公式サイトはこちら

こちらも読まれています

-体験談

Copyright© 脱赤字!完済までの記録帳-任意整理しました- , 2019 All Rights Reserved.