MRI検査中に呼吸できなくなる

退院してからのこと

MRI検査を受けてきました。
はじめてなので、ちょっとワクワクしてましたってのもおかしいですが、また新しい経験が。
輪切りになる自分。
今回は骨盤と大腿骨部分の検査です。
当日は特に絶食もないし、造影剤も飲まないし、ほんと寝てるだけでした
検査着に着替え、いざ


ちなみに、MRIを受ける人は意外に多く、予約自体もすぐに取れないとのこと。
名前を呼ばれ、検査室に入ります。
ベッドに横になると、腰のあたりに色々つけられます。
フィルムとかかな?
最後にヘッドホンを装着されます。
周りでも近々グワングワン音がしているので、実際はうるさいんだろうな。
じゃ、始めます
そう言われると、すぐに機械が動きだじました。
狭い機械の中に入っていきます。
ヘッドホンをしてるけど、やっぱりいろんな音がしてうるさいです。
音楽でも流れてるのかと思ってたのに。
そう思ってたら、耳が詰まる感じがして
そうこうしてるうちに、なんかうまく呼吸ができないような
そんな気持ちになって、急に不安になりました。
あれ?
息がしにくい。
呼吸ってどうやるんだわっけ?
軽くパニックです。
唾を必死に飲み込みながら呼吸を整えようとします。
焦るな、考えるな、落ち着けー
そんなことを思いながらやり過ごしました。
怖かったーー
音と耳の詰まった感じが圧迫感を感じていたからでしょうか。
いまなら面堂終太郎の気持ちがわかる
閉所恐怖症じゃないけど、何かあってもすぐに出られないって思うと恐怖心が。
手にしてたナースコール、押しそうになりました。
ほんと、私、弱くなったなー
後半は毎度の寝不足もあり、ウトウトしてました。
検査時間は30分くらいかな
結果はその日の診察ですぐにわかりました。
結果
脂肪髄が混在しているとの所見
大腿骨の左側はわかりやすかった
やはり、再生不良性貧血であろう、と
ただ、最終的に骨髄の組織を取る検査をしないと確定にならないのだけど
まだらに混在してしているので
針で刺したところが脂肪髄に当たらなければ、その診断にならない、らしい
骨髄検査はもう少し落ち着いてから、再度することに。
過去に3度やってるけど、やりたくないわー。
痛いから。
通常の、血液検査は横ばい。
でも、貧血が進んでないのがよかった。
退院後は輸血なしにすんでいるので
ステロイドもやめることに。
5ミリ→3ミリ
薬がどうも効かないから体
診断がついても、無治療で行くか、治療するかは考え中
どうしても血液疾患の治療は骨髄移植とか、ちょっと重いものが多いので
輸血なしで過ごせる場合は経過観察の人も多い
診断がつくのはいいけど
数値も戻らないし、2人目はやっぱり無理だな。
わかってたけど、諦めの悪い私は
希望を持っちゃうんだけど
今日はダラダラ過ごします。

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スポンサーリンク