3.11に思う

雑記

津波ってあんなふうに起こるんだって、映像を見るのが今でも怖い。
上から来るのかと思ってたけど、じわじわと静かに、でもかなりの速さで来るものだと初めて知りました。
あの日、あの時、何をしていましたか?


+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*―+*゚。*。゚*+―+*゚。*
あの日、私は仕事をしていました。
パソコンでデータ入力をしているとき、座っているのにクラクラとめまいがしたんです。
ちょっと酔ったような感じで気分が悪くなりました。
当時の職場は接客業。
私は事務方でした。
お客様の席にはテレビがあって、表でスタッフが何か言ってるな~と思ったら、地震速報のあと、あの被害映像が流れてきました。
「うわー、すごいなー」その時はその感想しかありませんでした。
車が流される映像に現実感はありません。
その後、被害の大きさに言葉は出ませんでした。
遠く関西でもその揺れは感じていたのでした。
みんな、自分はめまいを起こしていると勘違いしていましたが、揺れを体感していたのです。
阪神淡路大震災の時とは違った、ゆーらゆーらとした揺れ。
阪神淡路大震災のとき、私は高校生でした。
リビングで前日寝てしまい、夢の中で「ゴゴゴー」と唸るような音がしてました。
次の瞬間、下から突き上げるように体が浮き、ピアノが飛び、ガラスの飾りは粉々。
いまでもあの地響きの音は忘れられません。

スポンサーリンク

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ