年をとると人は丸くなる

義父のこと

義父のディズニー熱は冷めやらず、後日オットくん宛に、「ディズニーにはいついくのか?」とメールが入ってました。
本気やな・・・
「チケットと宿泊代は出すから、ガソリンと高速代だけでいいよ」って(゚Д゚)
そして、世話焼きというかやさしい。
異常にやさしい。
義父も64歳。
オットくんから聞いていた、そして私が感じていた義父像から変化が見られるようになりました。

先日もやたら私たちに絡んできて、和気藹々とした雰囲気でした。
「ララちゃんもディズニーにいきたがってるんやから!」とやたら私の名前を出すし。
これでも結婚前に一度、義父と軽く言い合いをしたことのある私。
結構気の強い女ですよね。反省。
でも、その時は理不尽だと思ったり、やたら干渉することに私も耐えられなかったからなんですが・・・
オットくん曰く、昔のおやじと今のおやじは全く別人だと。
干渉が「世話焼き」程度になってきたし、癇癪を起すこともありませんでした。
オットくんの借金の原因の根っこも、義父の過干渉などからの反発もあったからです。
だからと言って、オットくんを擁護する気も今はありませんがっ!
家を出て、実家・義父とほどよい距離感になったのはよかったのでしょう。
それでも家を出た直後の、義父の干渉はすさまじかったです。
コネで何とか自分が勤めている会社に入れようとしたり。
客観的にみるといい父親のようにも思えますが、自分の思うレールを歩かせたかったのもあるのだと思います。
こどものころはすぐに手が出るタイプだったようです。
昔の父親なんてそんなもの、と思うかもしれませんが、オットくんにとっては恐怖でしかなかったし、何か事が起きて、それに理由があったとしても、話を聞いてくれるタイプではなく、頭ごなしに怒る人だったようです。
私もオットくんの話しか聞いてなくて、そういう人だと思い込んでたところもあったかと思います。
義母や祖母の話を聞くと、オットくんが大げさに言っているというわけでもないので、事実そういう人だったんでしょう。
でも、年を重ねると、ほんと人って丸くなります。
怒らなくなります。
先月まで実家に行っても会話することもなかった義父が、饒舌に語るのを見て、ハンマーで殴られたくらいの衝撃を受けた私。
そこまで人ってかわるのか?
すごく話しやすくて、怖いくらいです。
いつか、同居したいとか言い出しそうで怖いです。
まあ、義母が味方になってくれそうなのが救いです。

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スポンサーリンク