猫を助けたけど・・・

雑記

仕事の帰り道、バイクの目の前を仔猫がヨチヨチ通りました。
あぶないっ!
私がバイクを止めても、仔猫はヨチヨチと道路の方へ歩いてきます・・・
どうしよう・・・


バイクを止めて、猫を捕まえて、かごにのせて安全な場所まで連れ帰りました。
って、家に連れ帰ってました・・・
うち、猫が2匹いるんです。
「脱赤字」のタイトルの猫の手は、我が家のムスコ猫のピンクの肉球前足です。
仔猫を助けたいけど、右目をどうもカラスにやられたようで、怪我しています。
たぶん、左目は失明してる。
でも、めちゃくちゃ元気。
バイクのかごから下してあげて、私が自分の荷物を取っている間に、仔猫は駐車場に止めてあった車の下に。
あらら・・・
と、覗いたら・・・
なんと!
エンジンルームに入ってしまいました。
ニャーニャー鳴いてるけど、出てこない。
私のことも警戒してるし・・・
一生懸命読んだり、猫の缶詰ちらつかせたりしたけど、やっぱり出てきませんでした。
鳴いてるのに・・・
なんとか出てきてほしいけど、今日は寒いし、エンジンルームは風よけになって安心できるだろう。
こんなことなら、道路から少し離れたところにおいてきてあげればよかった・・・
母猫とはぐれただけかもしれないし。
情だけでは飼えない
うちにはネコが2匹いて、飼うのは今は無理だから、とりあえず、動物愛護センターに保護してもらおうと思っていたのだけど。
でも、17時半まででした。
そもそも、エンジンルームから出てこないから、今のところどうすることもできない。
うちの2匹にあげた缶詰を少しだけ取って、車の下に置いて、30分後に見にいったら降りてきてたの。
でも、私みて、またエンジンルームに入っちゃいました。
こうなっちゃうともう無理で。
人様の車だから、あんまり触ったりできないし。
とりあえず、車に「仔猫の鳴き声がするので、エンジンかける前に確認してみてください」と貼り紙をしておきました。
エンジンかけて逃げればいいけど、びっくりして奥に入ってネコが怪我するのもたいへんだし、車の持ち主もそんなことになったら不幸ですから・・・
助けたはずなのに、後悔ばかり。
あのまま道路のわきに置いてきたら、きっと牽かれていただろうし、助けたものの、まだ生後2カ月も満たない仔猫っぽかったので、一人で生きていけるのかなとか、思ってしまう。
あー、お金に余力があったら、何も考えずにそのまま病院に連れて行ったりできたのに。
ほんと、情けない。不甲斐ない。
愛護センターに引き取ってもらった後、しばらく様子見て里親が見つからなかったら、そのときは里親になろう・・・とか考えてたんだけど。
どっちみち、うちの子たちもワクチン打ってないし、家の準備ができてないと引き取ることもできないしなー。
なんで、私の目の前を歩くのさ…(´・c_・` )
ていうか、エンジンルームから出てこないし、出てきた後のことも心配だし。
そもそも、いつ出てくるかわからない・・・
1時間おきに見に行って、あの手この手尽くすけど、出てきてくれそうにありません・・・
最後まで読んでいただきありがとうございます。
なんだか元気が出ません・・・
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スポンサーリンク