離婚問題を相談するには・・・

雑記

いざ離婚となったら・・・
簡単にさくっと「はい、別れましょう!」とはいきません。
妹だって、結婚して仕事も一旦やめて、彼の実家と「味噌汁の冷めない距離」に住み、すぐに仕事ができるわけでもない。
というわけで、無料電話相談にかけてみたのでした。
>>にほんブログ村 借金・借金苦


私も任意整理する中で、弁護士や司法書士、法テラスに相談するべくいろいろリサーチしました。
妹の離婚問題の時、恥ずかしながら私は任意整理に向けて、司法書士さんに相談中でした。
司法書士さんは「離婚問題」は畑違いなのですが、誰か紹介してもらえるかもと思い、聞いてみたりしました。
(畑が違うので、紹介まではしてもらえませんでしたが)
私の離婚経験者の友人の先輩が「夫の度重なる浮気で離婚」経験者だったので、アドバイスをいただいたところ、自分から浮気を暴露してるし、弁護士をたてなくても、自分で調停起こしてもいけるのでは、とのことでした。
とはいえ、こういったことは初めてですから、専門家の意見も聞きたい。
法テラスでは、そこまで深く話を聞けなかったようですが、私がたまたまネットで見かけた芦屋にある行政書士事務所で、定期的に無料相談を開催していたので、一度そこにかけてみるように言いました。
妹曰く・・・
女性の行政書士さんで、限られた時間の中でちゃきちゃきテキパキアドバイスをしてくれたそうです。
親身になってくれる人もいるんだなー。
※任意整理などの債務整理や離婚もろもろ、弁護士さんや司法書士さん、行政書士さんなどの士業に頼ることもあるかと思います。
相性などもあるし、いろいろでしょうけど、せっかくの無料相談ですので、ぜひぜひ相談してみた方がいいですよ。
その中で、裁判までしなくても離婚調停でも大丈夫ではないか。
結婚している期間などもあるので、慰謝料という面では多く取れないかもしれないけれど、書類面など必要であれば、いつでもそうだんしてください、とのこと。
そう・・・
結婚半年という期間は、慰謝料算定の際、婚姻期間が長い人に比べて、金額が低くなる可能性が高い。
下手に裁判を起こしたりせず、話し合いで持って行く方がよい・・・というわけです。
まあ、仮に裁判になったとしても、確実に勝てる案件ですが、慰謝料がねー・・・
と、いうわけで、とにかく確実な自白を録音だ!ということで、先日かったレコーダーを手に、妹はプーの野郎と話をすることにしました。

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スポンサーリンク