同居しろと詰め寄られる

義父のこと

舅問題
前回の続きです

オットくんの暴言、イライラスイッチについて、義実家でとうとう話をすることにした。

タイミングよく(悪く?)オットくんの暴言やらなにやらで、このまま義実家で話しようと思った。

解決を求めたわけではなく、オットくんへのお仕置きというか、仕返しをしたかった

でも、私の思いとは裏腹に、話は全く違う方向へと進んでしまった。

スポンサーリンク

オットくん、勢いに任せて仕事を辞めると言ってしまう

私からの話を聞き、義父に説教をされるオットくん。

コレが一番嫌なことだってことを私は知っている。

でも、リスキーなことでもあるのですが・・・

「帰れ!2度と顔を見せるな」と言われ、オットくんは「帰ろう」というが
この空気のまま車に乗ってさらに家に帰るまで、また何かあったらいやだなと思って、帰るのを一旦止める

(今にして思えば、このとき帰ったら私も2度と実家に行かずに済んだのでは・・・)

親の前で話し合いをしていたとき、オットくんが言った

「オレだって辛いねん」

そして、今の仕事での悩みというかストレスを語りだした。

まさか義父母にその話をするのは私としては予想外だったけど、オットくんにしたら、言って楽になりたかったのと、それを理由にしたかったんだと思う。

私の言うことは正論やし間違ってないけど、自分でも何であんなこと言うのか
なにを言ってるのかそのときは覚えてない。と。

だけど、ここで「お金」の話をしてしまったことで、あらぬ方向へと話が進んでいった。

オットくんがぽろっと義父の前でお金の話をするのはよくなかった。

「そんだけしか稼げてないんか!」と、義父があきれ気味に言った。

そんな金額で養えるわけないやろとか、急にヒートアップ

具体的な金額を、オットくんが言ったのかはわからないけど

このあと義父の言った一言に、私が固まってしまった

この家に住め!と、義父は私に言った

そんな給料で生活できるわけないやろ

家賃も払って光熱費も払って小さい子もいて、嫁は病気で働けないんだから

一時的にでもここに住め、と

2階の空いている部屋を使えばいい、と

いきなり同居しろといわれて、私のほうが面食らってしまった。

私、お金の話をしにきたわけじゃないのに、何でこんなことに(><)

オットくんの暴言失言、気持ちが荒れたときの危険な運転とか

そっちを物申したかったのに・・・

お金のストレス以上に同居のほうがきつい

そこから今度は、私のほうを向いて

ちゃんと考えたほうがいい、
生活やっていかれへんやろ

しばらく同居したらいい
上の部屋もあるし

ただし、4月以降や

猫は連れてくるな

家賃払うのもしんどいやろ

ララちゃんも病気やし、今後働くって言うなら別やけど無理やろ

などなど、まくし立てられた。

・・・

なんで、そっちに話が言ったんだろう。

生活は苦しいが、その話をしてるんじゃないのに

水を得たかのように話だす。

 

真剣に考えて!と。

 

いや、ない。
借金あることも言ってないし。

同居で生活が楽になるとももえないし
むしろ監視されて管理されて、精神的につらくなりそう。

大変、私にとっては困った話になりました。
まあ、絶対すまないし断るし、別にオットくんに養ってもらうつもりでいるわけじゃないし

義父のものさしはお金

そのあとも、同居の話が続くわけですが

そのときの会話の中で

このオットくんが出来上がったのは、やっぱり親をみていたからなんだな・・・と思った言葉のオンパレードで、また気が重くなってしまいました。

このことはまた別の記事に書こうと思う

そして、生活が苦しくなろうと借金のことも含め、義父に言わなかった理由を改めて思い出した

少なくとも、オットくんの両親に借金問題や転職癖の話をしたところで、いい方向には進まないどころか、余計に私の精神的負担が重くなる

やっぱり、今まで言わなかったのはある意味正解だったんだな・・・

もちろん同居なんてするつもりもないし、援助を受ける気もないんだけど

今後、毎月行くたびにこの話をされるのかと思うとうんざりするし

オットくんも、同居話も小言を言われたくなければ、(続く)仕事をして、イライラをコントロールできるようにしなくてはいけないと思う

義父の過干渉がイヤで家を出た人なので、家に戻るなんて考えられないと。

義父もあのときのこと忘れてるんだろうな・・・

「同居はしない」っていう共通の目標が出来たけど、オットくんに多少のお灸を据えることはできたけど

別の問題を抱えるハメになった。

一緒に住んだってしんどいに決まってる。

だって、オットくんを育てたのはこの両親なんだから・・・

そして、義父は嬉々として、孫を抱いたままどっかへ行ってしまった。

オットくんには「やっと関係がよくなったところやったのに、ララちゃんが余計なこと言うから」といわれたが

「オットくんが、給料の話とかもちだしたのが原因でしょ!」と言い返した。

「私が働けないから同居」ってなんか、本人は好意で言ってるんだろうけど、すごく気が重かった。

帰り際、「一人で泣いてないで、なにかあったらいつでもメールしておいで!」って言われ。

笑顔で「はい、そうします」といいながら、2度と話すことはないですと心の中でつぶやいた。

☞無料借金減額シミュレーターを利用しよう


一人で悩まないで!!
借金問題・債務整理は複数の事務所に相談することがポイント!
匿名相談をしてみるのも、悩み解決のきっかけになります。
私もやってみました。
応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スポンサーリンク