訴えられたので、原告側に電話してみました。

裁判(訴えられた)

前回の続きです。
債権者からの電話にタッチの差で電話に出られなかったので、電話をかけなおすことにしました。
>>にほんブログ村 借金・借金苦


電話するのが嫌で嫌で、でも一度話をしてみないといけません。
電話しなあかんかなー、嫌やなー…とわたしが言ったら、オットくんが
ララちゃん。大丈夫だよ。
僕が、隣で手を握ってあげるから、安心して(*´ω`*)

・・・
相変わらず、ヘコーってなることを言ってくれます。
しかもにこにこして言います。
あんまり役に立たないから、いいです・・・
さて、訴状と一緒に答弁書というのが送られてきてます。
訴状には、
①残債、全部払え(本当にこんな言い切り文章です)
②延滞料も20%払え
③訴訟の手数料ももちろん払え
ってかんじで、3つ書かれてました。
この答弁書返すだけでも良いのですが、できれば事前打ち合わせをしておくといいのだそうです。
私はその前に、訴訟の取り下げができるかも聞いてみたかったので、勇気を出して電話しました。
まず、掛かってきた番号に折り返してみました。
プルループルルー
「はい、●●株式会社です」
ドキドキ
「あの~電話があったのですが~」
「ありがとうございます。ご本人様確認をさせていただいてよろしいでしょうか」
ここまで、意外に(!)ていねいです。
男性です。
丁寧なんだけど、無理やり丁寧にしゃべってる感があります。
「脱赤ララです」
「脱赤様、ありがとうございます」
と、続いていきます。
本人確認が終わり、「少々お待ちくださいー」といわれ、待つこと1分(意外に長いね)
「脱赤さま、お待たせしましたー。
担当部署より折り返しお電話させていただきますので、しばらく電話を切ってお待ちいただけますでしょうか~」
この時、丁寧に言ってるんだけど、どこか「ちっ、今頃かけてきやがって」的な口調が見え隠れしました。
半分被害妄想で、半分事実。
それは、このあと電話がかかってきた東京の担当部署さんの口調と違ったので余計に思ったのです。
たぶん、思い違いじゃないわ。
だって、●●やもん。
苦手な会社なんだな~
というわけで、担当部署(裁判担当?)からの電話を待ちました。
待つこと・・・10分
待たせるねー
もったいぶるよねー。
だから、私も、続きは明日にします。(おいっ)
すみません<(_ _)>

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スポンサーリンク