別れるって怖い。。。(そして、私のブログ長いよね・・・)

雑記

ブログに書いてることは、ほぼありのままの日常です。
オットくんのワンマンなところも、大丈夫?って思うところも、面白いところも、ありのままです。
泣いて怒って、時にアホな会話して、これもリアルな私です。
普段の生活で、オットくんみたいな人には出会ったことはありません。
それくらい、個性的な人です。
この個性的なオットくんに、ロックオンされてしまったのは幸か不幸か。
悲劇なんだけど、どこか喜劇のようにも思います・・・
>>にほんブログ村 借金・借金苦


別れるって怖い…そう思った出来事があります。
昔、付き合っていた人と別れるときに、その人が豹変しました。
おつきあいも末期・・・
お互いのために別れようとずっと言われていました。
別れたくないと言っていたのは私の方でした。
でも、やっぱり過ごしているうちに、別れた方がいいなと、私もそう思ったので、最後に彼が別れようって言ったときには、すんなりと別れに応じました。
ちゃんとお互いが納得して、さようならといって別れました。
でも、そのあと・・・
「お前のことが心配だ」といって、何度も電話がかかってきました。
魔法が解けたように、その人への気持ちはバッサリ切れていたので、もうかけてこなくていいよと言って、電話には出ませんでした。
でも、そのうち、留守電で声を荒げるようになりました。
かなり恐怖で、一度電話に出たら、ひどく罵倒されました。
今までとは違う豹変ぶりに、身の危険を感じるくらいでした。
それでも、そのまま無視したら、朝、出勤前に待ちぶせするようになりました・・・
本格的にやばい・・・と思いました。
「仕事が終わったら連絡するから・・・」
なんとか納得してもらい、その夜、会いました。
とりあえず、再度話し合って、一応わかってもらいましたが・・・
上記のことが毎日続くと、恐怖心でいっぱいになり、しばらく外出するときはびくびくして、結局わたし、実家をでました・・・
居所がわかってるのが怖かったのです。
幸い、自分の居場所がすぐにできたので良かったですが、数年後、実家の近くでばったり会ったときは、心臓がバクバクしました。
話合って別れたのに、このような結果になって、怖かったです。
結局、いざ別れるってなった時、わたしがあまりにもあっさりしてたので、動揺してしまったのかもしれません。
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。°
コメントでも、「なんで(オットくんと)別れないのか不思議」と言われます。
自分でも、よくこんな人と付き合ってるなーと、自嘲気味ですが、それでも一緒にいます。
オットくんも、別れるとなったらめんどくさいタイプです。
といっても、別れるとなって怒鳴り散らしたりするタイプではありません。
別れ話に過去何度かなってますが、たいてい私が別れてましょうと言います。
一度ほんとうに別れたことがありますが、その原因はお金のことでもないし、喧嘩したわけでもありません。
話し合って別れたんです。
結局、オットくんから「やっぱりよりを戻してほしい」と泣きの1回に応じてしまったわけです。
ブログ上とはいえ、オットくんの悪態を惜しげもなく書いてしまってますが、基本的には根が悪い人ではないし、ピュア(というかこども)なんだとおもいます。
まあ、いろいろ承知で結婚したわけですが、結婚後はご覧のとおりです(‘・c_・` ;)
過去、彼の行動に、どこかおかしいのでは?と思ったり、モラハラじゃないの?って思うこともあったけど、その時は本当に辛くてしんどくて悩んでいましたが、その反面、客観視して、分析してる自分がいつもいるな、と思います。
曲がったことが嫌いなので、嫌なことは嫌って言うし、オットくんに依存してるってことはないと思います。
振り回されれば振り回されるほど、自分を大事にしようって思うようになって、そのためにオットくんに内緒のへそくりをたくらんでます。
私も彼のすべてを関知したいとは思ってないし、お互い自由な面が無いと息が詰まると思っうくらいです。
厳密には全然モラハラではないし、別におかしい人でもなく、ちょっとアクの強いB型男なんだと思います。
自己中でキレるとちょっとぶっ飛んじゃうところはありますが、けして、弱みなど握られているから一緒にいるわけでもありません。
まあ、もっとぶっちゃけて言うと、オットくんのことは心底嫌いなわけではないということです。
あー、認めたくない、認めたくないけど、そういうことなんです。
でも、一緒にいる時間が長いし、お互い分かり合いたいから喧嘩するんだと思います。
興味がなくなったら、もう、怒ることも喧嘩することもなくなると思います。
家を出て帰ってこなければそれで終了できます。
やっぱり、基本は仲良くしたいし、嫌なときは本当に嫌だけど、がちっとバイオリズムがあってる時はアホなことを言って笑って過ごしてます。
その頻度が、借金とかお金のない不自由さで、楽しいと感じる時間は少なめかもしれませんが。
土曜ワイド劇場のタクシードライバーの推理日記を二人で楽しみにして(今週末)、昼ドラのシンデレラデートを録画してまで観る二人。
来年は「花嫁のれん(昼ドラ)」も第三シリーズが始まるし。
オットくんも変わってるけど、私もきっと変わり者なんだなって思います。
昔でいえば、森高千里の「ふたりは恋人」の歌詞のように、私が拗ねれば(かなり時間はかかるけど)優しくなるし、今でいえば西野カナのDarlingの歌詞に出てくるような感じです。
(まあ、貧乏借金苦なので、こんな甘いもんではないですが)
たぶん相性がいいか悪いかで言えば、悪いと思います。
きっと、ブログ読んだ人は、「どっちもどっちやん」って言ってますよね、きっと・・・(´・ω・`)
でも、それでもいつも読んでるよって言ってもらえるのは励みになります。
顔も知らないあったこともないみなさまですが、弱音や愚痴を聞いてくれてること、感謝しています。
ここが無かったら、誰にも話すことなく、二人だけの空間で、さすがの私も壊れちゃってたかもしれません。
さすがにこの状況を楽しめるようなキャパは持ってはいませんから・・・
悲劇のような喜劇のような、そんな感じで読んでもらえれば・・・(*´ω`*)
そして、応援してくれると嬉しいです(ゝω・)
最後まで読んでくれて、ありがとうございます。
読んだよの合図に、押していただけると嬉しいです。
どれ押すか迷ったら、とりあえず大きいのをプッシュです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ 
もう少し、記事を短く書けるように努力します・・・長いわ!

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スポンサーリンク