徒然思い

リボ払いは金融機関との奴隷契約!!

2017-10-30

クレジットカードを持たない生活をして久しいけれど、どこのカード会社もリボルビング払いを本当に推奨してくる。

「ちょっと使いすぎたときは、リボ払いにすれば、月々の返済額が抑えられてとっても楽ですよ」
「リボ払いに変更すれば、ポイントたっぷりあげますよ」

甘い甘い言葉。

これだけリボ払い推しをしてくるということは、金融機関にとってはとってもおいしい商品なんですよ。
だって、利息は高いし、一度リボにしてしまうと、下手すると、永遠にリボ払いを続けることになります。

それはまさに、奴隷契約

リボ払いは危険だとわかっていたのにどうして契約してしまうのか

利用したことがない人でも、なんとなく、「リボ払いは危険」っていうことは漠然と感じている人は多いと思います。
でも、学生さんや若い人は、リボ払い自体どのようなものかわかっていない人も多いです。

近年、銀行のCMではクレジットカードを売り込むときに「リボ払い」を全面に押し出していました。
三井住友のウリボーなんてかわいいキャラクターです。

また、「たくさん買ってもリボにすれば月々10000円の返済でOK」見たいに言われると、なんだか買い物自体のハードルも下がるし、とっても得した気分になります。でも、しっかり調べれば、金利が高いことなどはわかるんですけどね・・・

私がリボ払いをした理由

私もリボ払いをしたことがあります。自分は絶対しないぞっ!と思っていたのにです。

理由は、「生活費をクレジットカードの支払いに頼っていた」からです。手持ちのお金がなく、その月に払えない!と焦ったときに、リボ払いにしました。
食費だけでなく、家賃などもクレジットカード払いです。

怖いのは、こういう毎月の引き落としすら、まとめてリボ払いにできてしまうこと。
でも、底なしに買い物ができるわけではありません。

結果、限度額にはあっという間に達したのにも関わらず、永遠に返済が続く。
しかも、月々10000払ったくらいでは減りません・・・
まさに返済だけのカード、リボは金融機関との奴隷契約です。

こうして、新たなカードを作ってしまい、負のループに陥る。好きなものを買ったわけではないのに、地獄にどっぷり落ちていきました。

リボ払いで借金が増える!そこから抜け出すために

リボ払いは借金です!!

借金もローンもなにもないまっさらな状態のとき。人は自分が借金するなんて思わないし、自分には関係ない世界だと思っています。私もそうでした。
でも、ある日突然、「借金」を抱えることになる。

ちなみに、クレジットカード=「借金」ではありません。
クレジットカードの一括払いというのは、いわゆるツケで払っているだけです。
私たちが商品を購入する⇒クレジットカード会社が私たちからお金を回収する⇒店舗に商品代を支払う。
この一連の流れで「借金」はありません。

でも、リボ払いは違います。
リボ払いは、支払い能力がないために利用することになります(中にはポイントのためというひともいるでしょうけど、やらないほうがいいです)

商品を支払い能力を超えて購入⇒クレジットカード会社は回収できないので、お金を立て替えてお店に支払う
この時点で、消費者はクレジットカード会社にお金を借り、数料を払ってお金を返していきます。

リボ払いは明らかに借金です!

まさにそれは借金地獄だった

リボ払いは借金苦の始まり

借金もそうですけど、リボ払いを一度はじめてしまうと、お金を使うこと、買い物することに対する意識が急に低くなります。
現金払いのときは、お金がないから我慢したり、貯金して購入するのに、クレジットカードは後払い、さらにリボ払いは少ない支払額で買い物ができてしまう。
こうなると、金銭感覚が麻痺していきます。

これ、「自分は陥らない大丈夫!」って思っているひとでも、ひとたび足を踏み入れたら麻痺します。
私も、好きなものを買い物したわけではないし、一時を凌ぐために利用したのに・・・
気づいたら多重債務者です。

リボをやめる前に、リボの支払いしかできないようになっている・・・恐ろしい。

自己責任では片付けられないリボ払い

金融リテラシーが低い、無知などいろいろ理由はあります。
所詮、自分が選んだ道、自己責任でしょ!って。

もちろん知る努力は必要ですが、あれだけ簡単に支払い変更できるよ!ってCM垂れながしされて、高校卒業したばかりの学生さんがクレジットカードを作るようになったら・・・

買い物が簡単にできるようになり、リボ払いにしてしまう・・・あるだろうな。

お金の教育は家庭でするしかないけど、もっと社会に出る前に学校でも教育してもいいのでは?って思います。
銀行も商売だし、儲かるからバンバンCM流してるわけです。
でも、さすがに多重債務が増える原因とも言われ始めて、カードローンのCMを時間帯で自主規制する動きもあります。リボ払いも似たようなものだと思うのですが。

リボリボ言ってたCMも見なくなってはきたけれど、カード作ったらリボ専用カードだったり、初期設定でリボ払いになってたりするので、ほんと注意が必要。

ああ・・・記憶が薄れてきていたけれど、いろいろまた思い出して鬱々としてきました。

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

こちらも読まれています

返済に苦しんでませんか?

ついついカード払いをしてしまう・・・

借金の返済のために借金をしてしまう・・・

リボ払いでいっぱいになった・・・

ギャンブル・生活費等、借金の悩みは人それぞれです。

コツコツ返済するよりも債務整理したほうがいい場合もあります。

将来利息がカットされ、月々の返済額も大幅に減る可能性があります。

まずは、借金減額診断で要チェック!!

\かんたん1分でチェック!/

すぐに相談するならこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ララ

夫の無知から始まった借金生活。気づけば総額500万越え。 現在は任意整理し、粛々と返済中です。 「あのときはこんなに大変だったけど、今は毎日楽しい♪」と思えるように日々奮闘しています。 私の経験がどなたかの役に立てればと、ここに書き残しています。 詳しいプロフィール

-徒然思い
-

Copyright© 脱赤字!任意整理で完済 , 2020 All Rights Reserved.