雑記

育メン?なにそれ?誰でもいきなり父親になれない

投稿日:

ブログをやったり、ツイッター覗いたり、ネットをしていると

世のパパさんは子煩悩というか、赤ちゃんが生まれた瞬間から・・・

いや、授かった瞬間から、わが子を愛でている(ように見える)

 

しかし、自分の夫は、子供に興味がないんじゃないか・・・そんな風に思う人って少なくないと思うのです。

世の中、父親が育児「協力」ではなく「参加」するのが当たり前だといわれています。

当たり前というか、そういう風に社会が変わろうとしているとき。

まだまだ途中

パパ像・父親像の理想と現実

世代によって、子育てに関する考え方も違うとは思いますが、自分たちの父親が自分が赤ちゃんのコロからフル参加していたかどうかはまずわからないし(当時赤ちゃんだし)

今と違って、そこまで育児に参加していなかった人も多い。

もちろん、遊びに連れて言ってくれたり旅行に連れて行ったりっていう家族としての関わりはあるでしょう。

その親に育てられいるわけだから、基本が親が自分たちにどう接していたかっていうのがものさしになると思うわけです。

 

私は、オットくんはこども好きだと思っていました。

姪っ子のこと、かわいがっていたし、自分の子だったらもっとかなって。

でも、それは思い込みというか幻想でした。

 

妊娠中も、こどもが生まれてからも、オットくんは子供に興味ないんじゃないか、本当に愛してるんだろうか?疑問に思うことが多かったです。

特に、周りの風潮とか、知り合いの旦那さんを見ていると、生まれたときから溺愛していたりメロメロだったり、お世話を積極的にしていたので、どうしても比べてしまいました。

 

私も余裕がなかったので、もっと助けて欲しい、もっとあれもして欲しいこれもして欲しいって思ったり言ったりしてました。

オットくんなりにはたぶんやってたんだと思いますが、そこまで積極的ではありませんでした。

気持ちが見えないので、私もオットくんに赤ちゃんをなかなか任せることができませんでした。

あるときを境に変わるパパの姿

そのわが子も成長し、目が合うようになったり、笑うようになったり、時に自己主張で泣いてみたり

とにかく、表情がいろいろ見えるようになってきて、オットくんもようやくわが子と接するのが楽しくなってきたようです。

 

昨夜、私が赤ちゃんをお風呂に入ったときのこと。

最近やっとお風呂に一緒に入るようになったのですが、お風呂が怖いのかギャン泣きしたり、しがみついて離れません。

結果、先に赤ちゃんを洗っておふろに浸かった後、自分の体を洗うのですが

その間、オットくんにみてもらっていました。

 

現在腰が痛くて、抱っこすらままならないオット氏。

こどもと並んで横になり、腰のストレッチをしていたら

 

たまたまですが、赤ちゃんが同じ格好をしたりして、一緒になって体を動かしていたそうです。

それがとってもかわいくて、自分の真似をしてくれてるって言うのがうれしかったようで

しきりに私に報告していました。

 

そこから、オットくんの妄想は炸裂します。

 

あの子が「欲しいって言ったものが帰るように頑張らないと」とか

「パパ、ちょっと車出してって言われたら一緒に出たら帰ってこられへんと思う。」

とか、聞いててあまり意味がわかりません(笑)

 

よくよく聞くと、子が私と喧嘩して(なぜ?)、「ママと一緒にいたくないからどこかに連れてって」って言われたら、そこは仕方がないからつきあってあげなあかんやん

とかなんとか、なにかずいぶん先の未来のストーリーが出来上がってるようでした。

(私も一緒に出かけるという妄想はないのだろうか)

 

親父がしなかったようなこと、俺はやりたいねん

とかなんとか。

 

言葉の意味はよくわからないけど、子供が自分にべたべたになつく前提であることは確かです。

 

あれだけ、接してこなかったのに、こんなに反応が変わるのか、と思いました。

 

パパもママもいきなり親にはなれない

父親の自覚というか、実感がずっとなかったのかな。

接し方がわからなかったとか

赤ちゃんの言葉や反応がないからわからないとか

いろいろ理由があったのかもしれません。

 

いきなり父親にはなれないという典型なのかもしれないなと思いました。

よその家と比較して、ダメパパのレッテルを貼りかけてました。

ダメパパではなかったんですけど、口だけで手を出してくれないタイプの人でした。

「そういうなら、自分が抱っこして泣き止むようにしてくれたらいいやん」と、何度揉めたことか・・・

 

世の中の「育メン」のようにはなれないかもしれないけれど、パパ0歳として、私もママ0歳として、家族で成長していけたりいいなと思った出来事でした。

 

世の中の流れに乗ることも重要ですが、頭ごなしにあーだこーだと押し付けちゃいけないってことですね。

 

ただ、今まで興味をそこまで示さなかったように見えたオットくん

猫嫌いが猫好きに変化したとき動揺に、かなり甘くなるような気がしてます・・・

反動が大きい

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

借金の返済に悩んでいませんか?

頑張って返済しているのになかなか減らないという人は、コツコツ返済するよりも債務整理したほうがいい場合もあります。
でも、なかなか踏み切れないという人も。
無料相談できるので、一度自分の状況を整理してみるのをおすすめします。

こちらも読まれています

借金問題に悩める人へ

1

いつしか多重債務者となりました。 そして、数あるカードの中でもエポスカードの支払いができそうになかったので、まずはカード会社に相談したのです。 しかし、その時には相談に応じていただけず、「一括で払って ...

2

マンガ:ナツジ ブログのコメント同様に、twitterでもダイレクトメッセージ(DM)をいただくことがあります。 最近、私と似たような境遇の方からもメッセージやコメントいただくことも多く、こちらも励ま ...

3

2018年7月の返済の記録です。 まだ、問題ありありな状況です。 2018年7月 借入残高   借入先 MAX 残高 ジャックス① 430,767 135,000 ノーローン 531,208 ...

-雑記

Copyright© 脱赤字!完済までの記録帳-任意整理しました- , 2018 All Rights Reserved.