お金はかけていないけど、こども用品で物があふれる

家計・脱赤字

悲しくも「お金がないない」叫び続けていますが

意外にもこども用品等では困ってません

むしろ、生まれて0年の我が子の方がワードロープが多い

まあ、当たり前か。

赤ちゃんに関して、今お金がかかっていることといえば、紙おむつ代が一番お金がかかっているのではないでしょうか。

 

お金がない我が家でこども用品があふれています。

その理由は?

 

スポンサーリンク

こども用品で物があふれている理由

赤ちゃん用品、ほぼほぼもらい物といただき物

こどもが産まれてすぐに必要な「新生児衣類」は、ママのみかた「西松屋」のセール品を

入院中のベッドの上で通販しました。

自分の入院・出産に必要なパジャマなども少し買い足したり、あとは家にある服で済ませています。

授乳ブラとか買わなくても、ユニクロのブラトップがあれば何とかなる!

 

あとは、ともだちの子が通院している病院で、「譲りますコーナー」があるらしく、新生児肌着をたくさん持ち帰ってくれて、洗い替えにも全く困らず。

 

出産祝いでいただいたものとか、友人の子のお下がり、親や親族が時々買ってプレゼントしてくれて、たぶん、1歳くらいまでは困らず

こまごました、靴下とかレッグウォーマー、成長に伴ってのロンパース等の買い足しはもっぱらメルカリを利用。

布オムツも新品より、中古品ですこしやわらかくなってるほうが、肌にもいいというのを聞きました。

まあ、その辺は個人の考え方ですよね。

服も好みもあるし、新しいものを身につけさせたいっていうのも親心です。

大型のものもネットショップ利用で格安で購入

衣類以外では、ベビーベッドを購入。

安全性等いろいろあるとは思うけれど、1万以下のアウトレット品を買いました。

なくてもよさそうですが、うちには猫がいるので、特に小さいうちはすみわけが必要かなと。

とはいえ、部屋を分けるほどの隔離はしていません。

ちいさいうちから接することでアレルギー予防の効果も期待できるというし

もし、アレルギーが出ても、共存する覚悟を決めています。

でも、今のところ問題なくて、いまや、ベビーベッドで堂々と真ん中で猫が寝てまして・・・

降りてもらうまで説得するのが大変です・・・

 

他に大きいものは買う予定はなかったけれど、入院中に仲良くなったお仲間さんに

「出産祝いでバウンサーをいただいたけど、ダブったのでもらってください」といわれて

お菓子折を包んでお渡しして、ありがたくいただきました(^-^)

買う予定なかったけど、カトージのバウンサーに家事のときに座ってもらったり、ほんとあって助かりました。

ありがたや・・・

 

抱っこ紐は西松屋で購入したけれど、背が低いわたしにはごつい。

たぶん、人気のエルゴもおんなじ感じ。(試着してないけど)

結局ヤフオクで格安でゲットした300円のスリングがいちばん使っている

 

チャイルドシート

正直使う頻度は今現在は多くないのだけど、必要なものなので。

こちらも安いものを1万以下で購入(安全性は問題ないやつですよ!)

 

ほかにもバスチェアをプレゼントでいただいたり

最低限のものを購入しているので、あんまりお金かかってないほうですね。

 

その他かかるもの

おもちゃも買ってないんですよねー

何が必要なのかわからず、ガラガラなんかも買ってません。

むしろ、手作りで済ませてます(^^;

 

そろそろ遊べそうなおもちゃも、友人のおさがりでたくさんもらって・・・

 

相変わらず物があふれていく我が家・・・

 

お食い初めも、シンプルにひっそりとやったのですが

鯛だけは、ちゃんと準備しました。

たい焼きで済ませようかとも悩んだけど、そこはなんかこだわってしまったw

それゆえに今困っていること

今一番困っているのが収納(><)

ベビー用のタンスを買わないままずるずる来てます。

もらったものはダンボールに入れっぱなしだし・・・

危うく、着用シーズンを逃しそうになった服がでてきました。

 

オットくんが働き出したら買おう買おうって思ってるんですけど

最悪、私のタンスに隙間を作ってそこで済まそうか

ちなみに、今私が欲しいもの

  • 背が低い私にあう抱っこひも
  • 親子でバスローブ
  • こども用のタンス
  • ビデオカメラは今後欲しい
  • カメラも新しいのが欲しい

バスローブが欲しい理由は、お風呂、私が一人で入れてるので、いつも私はすっぽんぽんで部屋を歩き回ることになります。

まさに、裸族!!

カメラ類は欲しいとは思うけど、使いこなせる自信はなし。

こどもが小さいうちは何とかなるけど

金銭的な話ですけど

妊娠中も診療費の助成もあるし、出産一時金などで何とか賄える。

出産後もこどもが小さいうちは、何とかなるかなとは思います。

 

出産準備もギリギリまで何もしませんでした。

入院していたので、何を用意していいかわからなかったのもありますが

出産祝いをベビーのためにありがたく使わせてもらいました。

 

あと、ギリギリのラインで、あるもので代用していろいろするのは楽しいです。

うちは貧乏ですが、100日には紙おむつ使って記念の寝相アートも撮影したし、フォトブックも安くてもいいものたくさんあります。

私はTolotという写真アプリを活用中。

欲を言えば、いいカメラで写真を残してあげたいですけどねぇ・・・

案外いろいろ子育て楽しんでます。

 

私の場合

妊婦検診のクーポン、1回しか使わず。

理由は、妊娠ではなく持病で入院したので、入院費用から出産費用まで、難病助成金が下りました。

あくまで、持病の悪化だからだと思います。

 

出産後、こどもがNICUに入院したけれど、こちらも助成がありますし

医療費自体、乳児はかからないので、いまのところこどもができたことでの負担はないかなと。

強いて言えば、自分たちにかかるお金はさらに我慢の連続?

 

でも、実際お金がかかるのって、これからですからね!!

 

のんびり構えてはいられない。

不自由な思いはさせたくないし、メリハリのある生活っていうのを覚えて欲しいし。

お金がないないっていうのも、何でも買い与えるのも違いますしね。

 

教育費用だってかかるし、今何とかなってるからって現状に甘んじているわけにはいかないのでっす。

☞無料借金減額シミュレーターを利用しよう


一人で悩まないで!!
借金問題・債務整理は複数の事務所に相談することがポイント!
匿名相談をしてみるのも、悩み解決のきっかけになります。
私もやってみました。
応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スポンサーリンク