ブログ・ネット社会で騙されないためにすることを伝えたい!

ニュース・コラム

全くウソをつかない人はっていうのはいないのではと思う。

先日はオットくんにウソをつかれて、憤慨してました。

まだ怒ってるけど。

ウソをつかれたり騙されると、たまに言われますよね

「騙されるほうが悪い」とかね。

いやいやいやいや

 

スポンサーリンク

騙されるほうが悪い?騙すほうが悪いに決まってるでしょ

詐欺とか、人を騙す犯罪とか、小さなものから大きなものまでいろいろあります。

そのときよく言われるのは、「騙されるほうが悪い」

自分で調べる力が弱いとか、情報弱者とか、自業自得とかいろいろ言われますけど

いやいやいや、100%騙すほうが悪いから!

そこは忘れてはいけません。

安易に、「騙されるほうが悪い」って切り捨ててはいけないなと思うのです。

明日はわが身ですよ。

 

小さなウソも信用をなくす一因

私、疑い深い反面、情に流されやすいという二つの性質を持ってるところがあります。

まあ、甘いっちゃ甘いですね。

先日、メールで在宅ワークの依頼を受けました。

以前から受けてたんですけど、やっぱり報酬が発生するということは、自分の身元を明らかにすることになるから、お断りしていました。

 

その人から、数ヶ月ぶりにまたメールで、やっぱり手伝って欲しいと。

長らくやり取りしてる人ではないけれど、私の状況を心配して、応援してくれてるようだったこともあり、話を聞いて信頼できそうなら受けようかと思いました。

仕事の内容はWEB関係のお仕事でした。

 

いろいろ報酬の件や仕事の内容等を伺ったのですが、メールだけでは詳細を語ることが難しいのかイメージがわかなかったこと。

また、こちらの質問に対し、思うような回答が得られなかったこともありました。

でも一番は、どういう人物かいまいちわからなかったこと+なんか勘が働きまして。

 

なんか、以前やり取りした人も在宅ワークの話をコメントでしてきたな・・・と。

でも、その方は多分男性、名前も違うしなぁ・・・

 

と、もやもやが広がったことと、別の仕事が立て込んでいたので、お断りしました。

 

そして、その直後衝撃的なことが起きました。

 

私の勘が当たった!やっぱり怪しかった。

昔からちょくちょく絡みのある方のブログを読んでました。

その記事のコメント欄に、在宅ワークの話が!

内容からして、私が受けた案件の話。

そして、その書いてる人が、やっぱり私が疑っていた人でした。

 

今回の依頼してきた人と、2年ほど前に依頼してきた人は同一人物だった

ってだけでなく、わざわざ名前(ハンドルネーム)を変えてメールをしてきたこと

さらに、昔、私に成りすまして他のブログにコメントを残したりしていたちょっと困った人でした。

 

・・・

 

わざわざその方のブログに書き込むってことは、私が読むことも多分わかってたはず。

なんだか、嫌な気持ちになりました。

 

そもそも、名前を変えたり、成りすましてあちこちに書き込みした過去がある人。

ちょっと困ったさんだけど、悪い人じゃないって思ってたんですが・・・

 

さすがに不愉快でした。

しかも、私が聞いた質問はちゃんと答えてくれなかったのに、そこではぺらぺら書き込んでいて、ちょっとした嫌がらせかと思いました。

 

私のこと、おちょくって楽しかった?

私の個人情報が欲しかった?

 

最近、オットくんのウソでメンタルやられてたこともあり、こういう成りすましとか騙しに近いことされて、どっと疲れが。

 

ネットに浸かると人間不信になりそう・・・

浸かるってほどでもないんですけど、こうやってブログ更新してると

メールもらったりコメントもらったり、繋がって行くことがあります。

 

実際に、仕事もらうこともあるわけで・・・

 

ただ、どんなときも最初から信用することはありません。

誰でもそうだと思うけど、顔が見えない相手だから、何を考えてるかわからないからです。

 

仕事のオファーとかテレビのインタビュー的な話とか、サイト売りませんか?とか

まあ、いろいろあるけど、ブログの内容が内容だけに、お断りすることのほうが実際は多いです。

 

それでも、メールで励まされたり、同じ境遇だと話てくれたり

ブログやっててよかったってことのほうがずっと多いんですけどね。

 

もちろん、いいことばかりじゃなくて、辛辣なコメントやメールも来ることもあったけど

こういうのはちょっと無理

 

わざわざ記事にするつもりはなかったけれど、今後私宛にくるメールに対しては警戒心が増すことは間違いないわけで。

そんな風にさせたことにまた憤りが。

 

男になったり女になったり

成りすましをする時点で

その話に信憑性信頼性はなくなります。

 

疑ってかかるくらいがちょうどいい

ネットの話だけではなく、日常でもいろいろな出来事に遭遇します。

昔キャッチに引っかかったこともあるし、自分の甘さは認識するところですが・・・

 

だいたい、悪いことする人って、いい人に見えたりしますしね。

これまで、この人に成りすましされても悪意はなさそうだし害はないし・・・って思って許してた部分もあったけど

今回はほんとに嫌な気持ちになりました。

コレは私が今まで放置してたせいもあります。

やったほうは軽い気持ちなんだろうけど、されたほうは精神的にもしんどい。

(最近コレばっかり言ってるな)

悪い人に騙されないためのアドバイス

過去の経験と今回のことを踏まえて、お伝えしたいこと

 

情に流されないこと

人を疑ってかかるって、正直いやですよね。

でも、ネット上では特に、距離感は保つべきかもしれないです。

ほんと、たいていみんないい人なんですよ。

でも、仲良くなっても安易に自分のことはさらさないほうがよいと思います。

 

欲を出さないこと

これ、私みたいに貧乏人だと、飛びついちゃいそうですけどね。

インターネット上はいろんな情報があふれてます。

儲け話とかもとくに。

すべて悪とは思わないですけど。

 

アンテナ張って最新情報をキャッチしておく

これね。

情報弱者は騙されるってよくいいますが

せっかくネットしてるんだし、自分で調べられることは調べる。

でも、ネット上の情報が正しいとも限らないので、いろんな角度から何でもみること!

 

すぐに決めないこと!

今回の件、仕事の話は本当だったのかもしれないけれど、仕事する上での信頼はちょっとないですね。

やっぱりかなり慎重になってました。

あぶないあぶない。

 

ちょっと心がけるだけで、簡単に騙されることは減ると思います。

あとは、貧乏脱出する!

コレが一番のポイントかもしれない。

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スポンサーリンク