CICに信用情報の開示申請を郵送で請求しました。

借金のこと, やってみた

普通に生活している人はやることはないけれど、ローンが通らない、カードが作れないには何か原因がある!

それを調べる方法のひとつが、信用情報の開示請求です。

前回、パソコンでらくらく開示請求に失敗した私。

仕方がない、郵送で申請することにしました。

 

スポンサーリンク

CICに郵送で情報開示請求した流れ

簡単に私がした流れを説明します。

用意するもの

  • パソコンとプリンター(なければ電話)
  • 本人確認書類(免許証など2点
  • ゆうちょ銀行の定額小為替証書(最後でよいです)
  • 封筒と切手

段取りよく書類を作成する

パソコンとプリンターが用意できたらCICのホームページの郵送での申請ページへ行きます。

※インターネットエクスプローラーのみ。google chrome等では申し込みフォームが出てこないため作成できません。


【申込書を作成する】をクリックすると、書類作成画面になります。

※手書きで申請する場合はpdfファイルを印刷することも可

フォームに必要項目を入力し、【入力内容の確認】をクリックすると、別ウィンドウで確認画面と【印刷】ボタンが表示されるので、問題なければ印刷します。

これで書類はできあがり。

必要書類を持って郵便局へGO!

先ほど作成した「信用情報開示申込書」と「必要書類(免許証などの本人確認書類)」を封筒に入れて、郵便局へ。

郵便局のゆうちょ銀行窓口にて、「定額小為替お願いします」といいましょう。

そこで1000円を定額小為替にします。(手数料が100円かかります)

そして、封筒に、必要書類一式と定額小為替を同封し、あとは切手を貼ってポストへ投函します。

宛名は、先ほど「信用情報開示申込書」印刷したときに一緒に住所が印刷されてましたので

それを切り取って貼り付けましょう。

郵便局にスティックのりもセロハンテープもあるのでそこで貼り付ければOK。

あとは、切手を貼って、投函するだけです。

郵送してから10日ほどで到着するようです。

報告書は、郵送後10日ほどすると、「簡易書留・親展」で届くようです。

指定金額分の切手を同封すれば、「速達(280円)」や「本人限定受取郵便(300円)」などに指定できます。

 

さて、届いたらまた中身を報告・・・するかもしれないししないかもしれません。

始めてみるのでどうなってるのか気になるわ~

今回請求したCICはクレジットカード会社と信販会社がメインです。

他にも日本信用情報機構全国銀行個人信用情報センターがあります。

今回はクレカ分が見たかったのでCICの開示請求をしました。

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

一人で悩まないで!

借金問題・債務整理は複数の事務所に相談することがポイント! 匿名相談をしてみるのも、悩み解決のきっかけになります。

一歩踏み出してみませんか?

街角相談所-法律-無料シュミレーター匿名申込

私の体験談

  • 司法書士事務所の無料相談へ行く、任意整理体験談
  • 複数の弁護士事務所に話を聞こう
  • スポンサーリンク