苦しい・・・崖っぷち・・・

引き寄せの法則

791.jpg
体調が悪いわけでもないけれど、今週はちょっと仕事が忙しい。
家に帰っても介護と家事。
でも、いいのか悪いのか、現在オットくん無職のため、それなりに家事もしてくれるし、猫のお世話もしてくれるので助かっている。
複雑だけど、結果オーライ。
しんどいしんどい、言ってられないな~と思いつつ、夜になると不安になったりぐったり疲れるので、なにかいい方法はないか考えてました。


先日、金スマで松岡修三さんスペシャルをやってました。
もう、笑えるくらいポジティブですよね。
その中でも、私がピコーン!ズキューーンときた松岡修造語録があります。

苦しい時ほど、笑ってごらん。

松岡修造が両膝の半月板を痛めてコートに立てなくなりました。
あのポジティブな彼でも、挫折し選手生命を諦めることを考えるくらいの出来事。
そんなとき、入院先の病院でファンの女の子がいました。
「私の分まで頑張ってください。」と応援してくれた彼女をみて、松岡修造さんは自分の怪我と向き合い、復活を遂げました。
そして、リハビリの合間に励ましてくれた彼女の様子を聞くと
実は、彼女は白血病で、その後亡くなってしまったことを聞かされます。
彼女は病気でありながらも、笑顔を見せてくれたことを思い出すそうです。
そして、松岡修造曰く、
笑顔でいるとマイナス思考は出てこない。
辛い時も、はらわたが煮えくり返るくらいムカついた時も、顔は笑い顔を作る。
そうすると、自然と前向きでポジティブになるのだそうです。
で、やってみたw
確かに、悩んでるのがバカバカしくなる気もする・・・?

がけっぷち、だーいすき

松岡修造曰く、「人は、大ピンチの時ほど本気になり、自分の想像すら越える力を発揮できるようになる。
「崖っぷち」ほど、自分を成長させてくれるものはないんだ。」
なんか、これはすごくわかる気がする。
全然崖っぷち、好きじゃないですけどね(;´Д`A “`
東尋坊はいいところでしたよ。
選手時代、松岡修造には、何度もピンチに立たされます。
ウィンブルドンが目の前に見えたとき、大きなけがをしてしまったり、もともとはおぼっちゃまですが、海外に一人、孤独や貧乏にも耐えてきた人。
あの松岡修造だって、落ち込むときもあったわけですよね。
そこから生まれた、超ポジティブな名言。
暑くるしいけど、熱さはくせになる。
最近、寝つきが悪かったりする私。
なかなか、無理やり笑顔を作る心境になれない時もあるけれど、スマイルスマイルで乗り越えたい。
でも、しんどい時ほど、明るい方へ行きたいと思うわけです。
そういえば・・・
オットくんって、どんなときにもきもちわるいくらい笑顔なんですよねー。
特に、私が罵ってるとき・・・
そして、昨日から寝る前に迷走をしています・・・「無になる」

最後まで読んでくれてありがとうございます。
応援がはげみになってます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 貧乏日記 ブログランキング

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スポンサーリンク