自信がなくなる

雑記

6月も終わりだというのに、今日も過ごしやすい日でした。
少し肌寒いくらいでしょうか。
先週まで、オークションに出品したりしてました。
ある意味、私の仕事の一環です。
そんなことするよりも、そばにいられるだけいればよかったと思うけど、まさか、そんな容態が急変するとは思いもよらなかったのだから、それは仕方のないこと。


少し救われたな・・・と思ったのが、オットくんの一言です。
「姉猫はララちゃんのことを大好きやった」
そこから、すごく幸せだった日々を思い出せるようになったから。
それまでは自分の不甲斐なさを責めて、後悔し、最後の息を引き取る瞬間の姿を思い出し・・・
後悔の気持ちが消えたわけではないし、甘えてくれた日々を思い出せば、それはそれで苦しいけれど、ちょっとだけ、ほんとに救われた。
猫の病気がわかり、この先闘病生活は続くと思ってた。
だから、毎日の点滴や療養食など、できる限り購入した。
少しでもいいものなら試したいと思った。
よさそうなものは高額で、手は出せなかったけど、それもまずは今を乗り切ってからと。
オットくんもバイトを探してたし、お金になるかはともかく結婚指輪も売ることを考えてた。
お金がないだけで諦めたくなかった。
元気になるって信じてたから。
オットくんも姉猫に「ちゃんと働け」と怒られた気がするらしい。
一応、次の仕事もほぼ決まっているのだけど、中型免許を取りに行かなくてはいけない。
フォークリフトの免許も安く取得できるところを見つけていたらしく、それもせっかくだからと行く予定にしてたけれど、そのお金は姉猫のために使った。
借金の返済もあるけど、ちゃんと二人とも収入があって、それなりに贅沢することなく普通に過ごしていれば、大丈夫。
だから、しっかり生活を立て直したいと思った。
私はいつか夢として、猫カフェでアニマルセラピーしたい、そして、動物たちをサポートしていきたい
なんて、高い目標を掲げていたけれど、愛猫の死でここまで気持ちが沈んでしまって、自信なくなりました。
元野良猫レオくんは今日も元気です。
杉本彩姉さんは、やっぱりすごいな・・・
読んでくださってありがとうございました。
初めての方もありがとうございます。
↓こちらは看板猫の保護猫レオ君
ブログランキング・にほんブログ村へ 貧乏日記 ブログランキング

スポンサーリンク

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ