生まれた瞬間に死ねたら 幸せやったのに

クレーマーさん


市役所に相談した結果、生活保護を受けることができそうなクレーマーさん
二日後、必要な書類を用意して、申請手続きをしました。
空気が入っていない自転車に乗って、暑い中フラフラになりながら行ったとか。


いや、空気くらいは自転車屋さんでいれようよ。
予約時間は1時。
書類を提出するだけではないようで、終わったのは4時間後。
母親と姉には連絡がいくらしいのですが
「どうせ、うちの心配なんかしないから、どうでもいいわ」とクレーマーさん。
ほんと、どんな家庭環境だったんだろう。
その夜にクレーマーさんから、こんなメールが。
「うちの家庭の話したら
愚痴しか出てこないわ
他の人に理解出来るんかな?
異常やもんなぁ
『なんで生まれたんやろ。
生まれた瞬間に死ねたら
幸せやったのになぁ』
ずーっと思ってたわ」
ここまでのことを考えるクレーマーさんの気持ちを、私が理解できるのかと問われれば、わかりません。
でも、私が力になれることがあればいいなと、このメッセージを読んだ時、改めて思いました。
読んでくださってありがとうございました。
ぽちっと押してもらえると、更新の励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ 貧乏日記 ブログランキング

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スポンサーリンク