徒然思い

生活保護を申請すると家族にも確認のための書類が届く

派遣時代の友人が生活苦に陥り、市役所に生活保護の相談をしにいきました。

結果、生活保護を受けることができそうなクレーマーさん

二日後、必要な書類を用意して、申請手続きをしました。

生活保護申請の流れについて

書類を提出するだけではないようで、市役所で受付をして終わったのは4時間後。

生活保護を申請すると、家族にも確認のための書類が届きます。

内容は

  • 普段交流はどれくらいあるか
  • 月いくらまで援助できるか
  • 援助できない場合は理由を書く

援助が得られる場合は、生活保護の受給は難しいか金額が下がります。

もし、身内が生活保護の申請をして援助ができない場合は、その旨を記入してあげてください。

無事に生活保護を受けることができますので。

 

生まれた瞬間死にたかったと彼女は言った

彼女の場合は、母親と姉には連絡がいくらしいのですが

「どうせ、うちの心配なんかしないから、どうでもいいわ」と言っていました。

ほんと、どんな家庭環境だったんだろう。

その夜にクレーマーさんから、こんなメールが。

「うちの家庭の話したら愚痴しか出てこないわ。他の人に理解出来るんかな?
異常やもんなぁ

『なんで生まれたんやろ。『生まれた瞬間に死ねたら幸せやったのになぁ』ってずーっと思ってたわ」

ここまでのことを考えるクレーマーさんの気持ちを、私が理解できるのかと問われればわかりません。

でも、私が力になれることがあればいいなと、このメッセージを読んだ時、改めて思いました。

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

こちらも読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ララ

夫の無知から始まった借金生活。気づけば総額500万越え。 現在は任意整理し、粛々と返済中です。 「あのときはこんなに大変だったけど、今は毎日楽しい♪」と思えるように日々奮闘しています。 私の経験がどなたかの役に立てればと、ここに書き残しています。 詳しいプロフィール

-徒然思い
-

© 2021 脱赤字!任意整理で完済