退院してからのこと

最近、死を身近に感じて苦しくなる

投稿日:

私には血液関連の持病があります。

気づいたのは22のときだったけど、実際の発症時期は不明。

たぶん、こどものころから病気だったんだろうけど、気づくきっかけが無いまま大人になりました。

病気発覚の経緯等の詳細は割愛しますが、出血しやすいくらいであまり自覚症状を感じたことはありません。

一応、骨髄検査を経て、特発性血小板減少性紫斑病と病名はついたけど、その中でも特異なタイプで、違う病気の可能性もあるといわれています。

その違う病気の可能性が、今回の妊娠出産を経てクローズアップされました。

それまで、病気があっても特に制限があったわけでもなく、同じ病気で妊娠出産をする人は多いので、そこまで心配していませんでした。

 

ほんとうは、二人くらいは子供を欲しいと思っていたけれど、過去の経験や、今回も文字通り命がけの出産となってしまったこともあり、諦めました。

なにより、今元気に育ってる子を、「母のいない子」にする可能性を否定できない以上、諦めるしかない。

 

血液の病気といえば、再生不良性貧血・骨髄異型性症候群・白血病などがあります。

私はこれらを含めて、どれにも近くてどれにも当てはまらないといいます。

 

ただ、病態はくすぶってる状態なので、いつか爆発してどれかに移行する可能性はあります。

骨髄異型性症候群や白血病に移行することもあるというのは、正直恐怖。

時限爆弾を抱えている感じがする。

年を重ねて、ある程度、体が弱ってきたところに、何かしら起こることは心積もりはしています。

だけど、心積もりにしていても死は怖い。

たぶん、まだこどもが小さいから余計にそう思うのかもしれない。

 

その反面、最近からだがしんどい日が続いたこともあり、心が弱っていました(今は大丈夫)

寝るときに、こんなに不安ならもう消えてしまいたいって思うこともしばしばあります。

 

生きたいと思ってるくせに死にたくなる矛盾。

 

先日、西城秀樹さんのニュースがありましたが、まだ未成年の子がいるんですよね。

心残りだろうなぁと思います。

 

また、ツイッターで、中学生の女の子の呟きが流れてきて。

お母さんを数年前にご病気で亡くされたそうですが、そのお母さんが数年前から覚悟して娘さんに当てたメッセージがなんかねー・・・

数年前から遺書のような本を娘さん宛てに作っていたそうで・・・

娘さんにとっては、暖かくて、前向きになれるようなそんな言葉が添えられていた。

私はそんな母親になれるだろうか。

 

不安に思えば思うほど、そちらに流れてしまいそうになるから、自分は大丈夫って思うようにしてます。

せめて、こどもが成人するまでは・・・なんとか自分で動ける状態の元気さは持っていたい。

いづれ、こんなふうに書いたことも、取り越し苦労だったなぁと思えたらいいと思う。

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

借金問題に悩んでいる人へ

一人で悩まないで!

借金問題・債務整理は複数の事務所に相談することがポイント!匿名相談をしてみるのも、悩み解決のきっかけになります。

一歩踏み出してみませんか?

私の体験談

こちらも読まれています

おすすめ記事一覧

1

マンガ:ナツジ twitter(@rara_sunshine)では、 更新情報とちょっとしたつぶやきを垂れ流している私ですが、   ブログのコメント同様に、 twitterでもダイレクトメッ ...

2

2018年7月の返済の記録です。 まだ、問題ありありな状況です。 2018年7月 借入残高   借入先 MAX 残高 ジャックス① 430,767 135,000 ノーローン 531,208 ...

-退院してからのこと

Copyright© 脱赤字!完済までの記録帳-任意整理しました- , 2018 All Rights Reserved.