人って、そんなに孤独に耐えられる生き物ではないと思う。

クレーマーさん

887.jpg
生活保護の申請をした、クレーマーさん
>>生活保護の申請をする
ようやく今週、申請した日からの生活保護費が振り込まれることになりました。
「やっと家賃が払えるわ~」と、ホッとしたようです。
体調も悪いみたいなので、病院に行きたいと言っていました。
クレーマーさんには持病があるのですが、診断書を提出すれば、生活保護費がもう少しだけ上がるようです。
これで、とりあえず安心・・・ではありません。


一人暮らしのクレーマーさん。
いまは無職なので、家で一人で過ごすことが多いよう。
生活保護費が降りたら、一緒にご飯でも食べようか・・・という話をしました。
すると、クレーマーさん・・・
「しばらくの間
会話しながらご飯たべてないな・・・
一人でご飯を食べるのはいいけど、会話することがないな~」
・・・
やっぱり、仕事をするって大事だと思う。
人との付き合いは面倒だっていう人もいるかもしれないけど、外の世界でいろんな刺激を受けたり、人と触れ合うって大事だなって思います。
以前、心の扉を開けてしまった彼も、自称「コミュ障」だと、先日言ってましたが、彼も話だしたら止まらない。
確かに、目を合わせて話すのはできない人なんですが、しゃべりだしたら止まらないんですよね・・・
人って、そんなに孤独に耐えられる生き物ではないと思う。
私だって、人見知りだし、インドアな基本ヒッキーだけど、人とコミュニケーション取るって大事だなっていつも思うので、なるべく外とは繋がっていたいなーと思います。
生活保護をすすめたのも、生活が苦しいのがわかっていたことが一番の理由だけど
一人っていうのは、本当にしんどいと思う。
何より病気もあるし・・・もし倒れた時に気づかれにくいっていうのもあるし。
(私、家知らないし・・・)
何かしら、誰かに気にかけてもらえることが必要な時もあると思ったのも理由の一つ。
私ができることなんて、知れてますからね。
もちろん、クレーマーさんだって友達もたぶんいるでしょうけど、女性は「私貧乏だから・・・」なんて、なかなか口には出せないと思います。
そして、私としては、生活保護もらって「はい、これで安心、よかったね」で、終わらせたくないなーと思ってます。
私に何ができるかって言ったら、ほどほどの距離感でおせっかいやくくらいですけどね。
私みたいな借金持ちの貧乏人がこんなことをいって、「底辺同士の馴れ合い」って思う人もいるだろうし
貧困は自己責任なんて言う人もいるかもしれないけど。
馴れ合ってるのではなく、お金がない辛さがわかるから、そこから這い上がりたいと私自身も思っているし。
貧困は自己責任ではないと思う。
「他人に迷惑だけはかけないように、ひっそりと生きて いってください」なんていうコメントをたまにもらったりするけど
貧乏や貧困を理解してくれなんて言わないけれど、そんな風に対岸の火事のごとく、冷ややかなことを平然と言い逃げするほうが、よっぽど心が貧しいと思うのですが。
クレーマーさんがブログ書いたらどんな内容になるだろう・・・ってちょっと思ったけど・・・
彼女、パソコンないし、ネット環境ないし、家を出た時に何も持たずに出てきて、家電はテレビがかろうじてあるといってたけど、ほんとどんな生活してるんだろう・・・
(自分で買った家電がテレビだけっていうことで、今の住まいには自分の物ではない家電はあるらしいけど)
少なくとも、「貧困」なんて頻繁に使いたい言葉ではないし、貧乏だけどしあわせ・・・なんて思えないし、私は這い上がって・・・って思ってます。
夢は、資産運用で悠々自適な生活(たまにバイト)
このブログを始めてから今日まで振り返って、貧乏で困窮していた時代から、少しはましになってきていると思います。
牛の歩みでもよい方向に向かっている(経済面)と思ってるからこそ、今日も私は踏ん張っています。
※コメントありがとうございます。
昨日の記事のお返事はしばしお待ちをー!
ご訪問ありがとうございます。
更新の励みをありがとうございます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ