ブログ

プロフィール記事の鬼校閲を受けてみたら、ほんとに凄かった!

更新日:

ツイッターでフォローさせていただいてる瀬戸内ことりさん(@SetouchiKotori)の「フォロワー様1000人感謝企画」に応募しました。

ブログ名に「鬼校閲」とか書いてるし、ツイッターではどSだってうわさを耳にしていたため、ちょっとビビリながらも(笑)だめもとで応募したら、落選・・・したのですがっ!

なんと、「やっぱりふるいにはかけられない」ということりさんのご厚意で、校閲を受けるチャンスをゲットしました!

ララ
どSって聞いてたのに、優しいし鬼じゃないっ!

そんなわけで、今回は私のプロフィール記事を校閲していただきました!!

校閲&添削ってなんですの?

校閲って知ってますか?

石原さとみ主演の「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」というドラマもありました。

観たことがある人はご存知かもしれませんね。

校閲とは・・・

文書や原稿などの誤りや不備な点を調べ、検討し、訂正したり校正したりすること。「専門家の校閲を経る」「原稿を校閲する」

コトバンクより引用

例えば、「ほしょう」など同じ読みでも漢字によって「保証・保障」というように、意味が違ったりするものがあります。

私もよくやっちゃうんですよね。

今回は鬼添削。

校閲と添削の違いはなんでしょう?

添削とは・・・

他人の詩歌・文章・答案などを、書き加えたり削ったりして、改め直すこと。「生徒の作文を添削する」

コトバンクより引用

 

今回、校閲&添削していただいた瀬戸内ことりさんは、「校正/校閲・文章の添削・テープ起こしの専門家」なのです。

専門家に文章を読んでいただく機会なんて、なかなかありません。

とっても楽しみであり、ちょっと怖い・・・

ララ
豆腐メンタルで耐えられるだろうか・・・

といいながらも、ちゃっかり応募してる当たり・・・

私って実はドMなのかもしれない・・・

プロフィール記事を選んだ理由

今回の企画では初級者コースと中級者コースがありました。

応募要項では以下のように書かれていました。

中級者コースの応募条件

  1. 20記事以上の実績をお持ちの方
    (報酬の有無や多少は問いません)
  2. 添削結果の公開をご承諾いただける方
  3. 体験談を記事にしてくださる方
    (おおむね 2週間以内)
  4. ダメ出しに対し折れない心をお持ちの方

記事数だけやたら多い私は、中級者コース決定です・・・

そして、中級者コースのメニューは

  1. プロフィール記事の鬼添削
  2. ブログ記事の鬼添削

かなり迷いましたが、今回は1のプロフィール記事にしました。

理由は単純に「プロフィール記事の鬼添削」を選ぶ人は少ないかもしれないと、思ったからです。

 

ちょうど、プロフィール記事を書き直そうと思っていたことも理由のひとつです。

プロフィール記事を読む方がどれくらいいるかはわかりません。

検索から来る場合などは、ほぼ読まれることはない記事だと思います。

 

でも、ブログを読んだあとに「どんなやつやねん?」って思う人がいるかもしれないしなぁ

そんな思いからプロフィール記事を選びました。

数行しか書いてなかったシンプルなプロフィール記事でしたが、この日のために改めて書き直しまして、ドキドキしながら連絡を待ちました。

鬼添削を受けたら真っ赤!

数日後、「プロフィールを見せていただきました」と連絡がっ!

あわわわわ!

ドキドキ緊張してすぐにあけることができず、1日寝かせました。

翌日、震える手でファイルを開きました(大げさ)。

丁寧な解説入りで感激

元のプロフィール記事はこちら。


近日中にリライトします。

ドキドキしながらファイルを開くと、中には6枚の画像ファイルがありました。

赤い!真っ赤っかです!

最初の文章からチェックが(笑)

「数あるブログの中からお越しいただき

「数あるブログの中から選んでいただき

言われてみれば納得です。

全体的なバランスも見てくださってます。

ここでは「同じ表現が繰り返し出ていること」を指摘されています。

よく、記事作成の仕事をするときにも冗長だって指摘されるんですよね。

また、「粛々と」といった難しい表現ではなく、わかりやすい表現にしたほうがいいとの指摘。

読み手のことを考えれば、「誰が読んでもわかりやすい表現」にすることがは大事なことですよね。

私の口癖のようになってる「アフターカーニバル(後の祭り)」は、汲み取ってくださいねっていう気持ちが確かにありした。

でも、なんじゃそれ?って思う人もそりゃいますよね。

そして、「苗字」は「名字」が一般的との指摘。

変換したときに、何も考えずに最初に出たものをそのまま使っていました。

これだけじっくり記事を読んでもらう機会はありません。

恥ずかしい~~~

と思う反面、勉強になりました。

自分の文章のクセみたいなのもよくわかります・・・

まとめ:鬼添削を受けてよかった!!

鬼どころか、こんな丁寧にコメントを入れてもらえるなんて感激です。

何がすごいって、ただ、ダメだししているわけではなく、私の思いや意図を汲み取っていることです。

たとえば「私の恥ずかしい経験も、皆さんの喜びの声(?)を浴びることで昇華させています。」という一文。

この部分の私の思いは、

ネガティブな出来事で正直恥ずかしいことでもあり、こんな経験はできればしたくなかった。

だけど、このことをブログに書くことで、「参考になりました」とコメントをもらうと

そんな嫌な出来事も「誰かの役に立った」=「価値がある出来事」へと変わったことを嬉しく思える。

そういう意図で「昇華」と使っているのはOKということで、安心しました(^^)

このブログは、どちらかというと、私の思いのたけを書き殴っているようなところがあります。

個人のブログはそういったものが多いと思います。

そんな記事を添削してもらったら、赤ペン1本使い切ってしまうでしょうねー。

でも、プロフィール記事や、読んでもらいたい記事などがある場合は、丁寧かつ読み手にとって読みやすいものにしないと、伝えたいことが伝わらない場合もあります。

まずは、瀬戸内ことりさんのブログ「瀬戸内ことりの鬼校閲手帖」をチェックしてみてくださいね。

そして、「これだ!」という記事がある場合は、一度鬼校閲&鬼添削サービスを利用してみてくださいね。

きっと、気付きがありますよ

おまけ

イヤーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!

応援いただけると励みになります
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

借金の返済に悩んでいませんか?

頑張って返済しているのになかなか減らないという人は、コツコツ返済するよりも債務整理したほうがいい場合もあります。
でも、なかなか踏み切れないという人も。
無料相談できるので、一度自分の状況を整理してみるのをおすすめします。

こちらも読まれています

借金問題に悩める人へ

1

いつしか多重債務者となりました。 そして、数あるカードの中でもエポスカードの支払いができそうになかったので、まずはカード会社に相談したのです。 しかし、その時には相談に応じていただけず、「一括で払って ...

2

マンガ:ナツジ ブログのコメント同様に、twitterでもダイレクトメッセージ(DM)をいただくことがあります。 最近、私と似たような境遇の方からもメッセージやコメントいただくことも多く、こちらも励ま ...

3

2018年7月の返済の記録です。 まだ、問題ありありな状況です。 2018年7月 借入残高   借入先 MAX 残高 ジャックス① 430,767 135,000 ノーローン 531,208 ...

-ブログ

Copyright© 脱赤字!完済までの記録帳-任意整理しました- , 2018 All Rights Reserved.